Snowflakeデータの書き込みと読み取りを行うジョブを作成する - 7.3

Snowflake

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
Snowflakeに接続するジョブを作成し、Snowflakeテーブルを作成し、テーブルにデータを書き込み、テーブルからデータを読み取り、最後にSnowflakeへの接続を閉じます。

始める前に

  • 使うSnowflake Data Warehouseは起動していますが、停止状態ではありません。

  • 割り当てられたSnowflakeロールには、接続するデータベースへの読み取りおよび書き込み権限があります。

これらの要件が不明な場合は、Snowflakeシステムの管理者にお問い合わせください。

手順

  1. Studioの Integration パースペクティブで、[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードから新しいジョブを1つ作成します。
  2. tSnowflakeConnectionコンポーネント、tSnowflakeRowコンポーネント、tFixedFlowInputコンポーネント、tSnowflakeOutputコンポーネント、tSnowflakeInputコンポーネント、tLogRowコンポーネント、tSnowflakeCloseコンポーネントをジョブに追加します。
  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、tFixedFlowInputコンポーネントをtSnowflakeOutputコンポーネントに接続します。
  4. 同じようにして、tSnowflakeInputコンポーネントをtLogRowコンポーネントに接続します。
  5. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続を使って、tSnowflakeConnectionコンポーネントをtSnowflakeRowコンポーネントに接続します。
  6. 同じようにして、tSnowflakeRowコンポーネントをtFixedFlowInputコンポーネントに、tFixedFlowInputコンポーネントをtSnowflakeInputコンポーネントに、tSnowflakeInputコンポーネントをtSnowflakeCloseコンポーネントに接続します。