Snowflakeマテリアライズドビューを介してデータをクエリーするためのジョブの更新 - 7.3

Snowflake

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake

手順

  1. 前の例で説明したジョブで、tDBRowコンポーネントを追加します(デフォルト名: tDBRow_4)。
  2. tDBRow_3tDBInput_1の間の接続を削除します。
  3. Trigger > On Subjob OK接続を使用して、tDBRow_3tDBRow_4に接続します。
  4. Trigger > On Subjob OK接続を使用して、tDBRow_4tDBInput_1に接続します。