Snowflakeとは何ですか? - 7.3

Snowflake

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
Snowflakeはクラウド用にゼロから設計された特許取得済みのデータテクノロジーで、Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform (GCP)で実行できます。
完全リレーショナルSQLデータベースとして導入するSnowflakeでは、複雑な管理や運用を必要になることなく構造化データや半構造化データの両方、標準SQLクエリー、および ACID準拠がサポートされます。Snowflakeアーキテクチャーは、マルチクラスターのコンピューティング機構からデータストレージを分離し、クラウド内のデータウェアハウスで一意かつ拡張性に富むマネージドリソースを提供します。

Snowflakeデータベースの動作するしくみに関しては、(AWS S3、Azure Blob Storage、またはGoogle Cloud Storage上に構築されている)保管メカニズムが計算メカニズムから切り離されていることが理解の鍵となります。接続が確立されると、連携して動作します。これにより、Snowflakeでは必要に応じてストレージを追加し、計算作業のための弾力的なクラスターを構築することで、クラウド上で非常に拡張性の高いデータベースを提供できます。簡単に言えば、費用は使用量に応じて支払います。

Snowflakeでは、ユーザーがアクセスして環境を管理と構成できるWebベースのWorkbenchが提供されています。Warehouse (ウェアハウス)の作成は簡単で、必要に応じてサイズを変えられます。設定では必要に応じてアイドル状態のインスタンスをシャットダウンするタイミング、およびスピンアップするノードの数を設定できます。
Database (データベース)タブに切り替えて、データベースを作成し、ユーザーにアクセス許可を付与することも簡単にできます。ここでは選択したデータベースのテーブルと現時点でのフットプリントを表示できます。
[Worksheet] (ワークシート)タブでは、データベースに対してSQLクエリーを直接実行するグラフィカルインターフェイスが提供されています。