SQliteデータのフィルタリング - 7.3

SQLite

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > SQLite
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > SQLite
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > SQLite

このシナリオでは、フィルターに基づく選択ステートメントを使ってソースSQLiteデータベースから行を抽出し、出力SQLiteテーブルにフィードするという、きわめて単純なジョブについて説明します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

  • tSQLiteInputtSQLiteOutputコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。

  • 行/メインのリンクを使って、入力を出力に接続します。

  • tSQLiteInputの基本設定で、SQLiteデータベースの入力ファイルを入力するか、その場所まで移動します。

  • ファイルには数百行が含まれており、SELECTステートメントがベースとするipカラムが含まれています。

  • tSQLiteの基本設定で、スキーマを編集してテーブル構造に一致させます。

  • [Query] (クエリー)フィールドに、ipカラムをベースとするSELECTステートメントを入力します。

  • tSQLiteOutputコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)パネルで、[Database] (データベース)ファイルパスを選択します。

  • 選択したデータを入力する[Table] (テーブル)を入力します。

  • [Action on table] (テーブルへのアクション)および[Action on data] (データへのアクション)を選択します。このユースケースでは、テーブルへのアクションはDrop and createで、データへのアクションはInsertです。

  • スキーマは入力スキーマと同期する必要があります。

  • ジョブを保存し、実行します。

クエリーされたデータは、定義したSQLiteファイルで返されます。

入力コンポーネントでダイナミックスキーマを使う方法の例は、データベースから出力ファイルへのダイナミックカラムの書き込みを参照してください。