ジョブを実行する - 7.3

Standardization

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化

このタスクについて

ジョブを実行する前に、tLogRowコンポーネントを追加して実行結果を表示する必要があります。

この設定を行うには、次の手順に従います。

手順

  1. デザインワークスペースで、[Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを使ってtExtractXMLFieldを2番目のtLogRowに接続します。
  2. tLogRowコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  3. [Schema] (スキーマ)リストで、[Built-in] (組み込み)を選択します。
  4. [Edit schema] (スキーマを編集)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、tLogRowの入力スキーマと出力スキーマが同期していることを確認します。
    同期していない場合は、[Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックします。
  5. [Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの出力値))オプションを選択します。

タスクの結果

[F6]を押してジョブを実行します。

2番目のtLogRowは、インデックスに従って、正規化および標準化された住所をコンソールに表示します。

たとえば、Champs Elyséesの住所が選択され、フォーマットされており、インデックス文字列と完全に一致する入力ストリート名のみが抽出されていることがわかります。

このシナリオでは、エラーが生成されていないため、最初のtLogRowは何も返しません。