目的のXMLフィールドを抽出するプロセスを設定する - 7.3

Standardization

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化

このタスクについて

これを行うには、次の手順に従います。

手順

  1. tExtractXMLFieldをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある3点ボタンをクリックして、スキーマエディターを開きます。
  3. このエディターの左側で、SKU_Description_Size_Weight行を選択します。
  4. ボタンをクリックして、この行をエディターの右側に追加します。
  5. このエディターの右側で、下部のツールバーの[+]ボタンを3回クリックして、3つの行を追加します。
  6. 3つの行の名前をSKUSizeWeightに変更します。これらはすべて、正規化されたXMLデータのタグです。
  7. [OK]をクリックしてこの編集を確定し、ポップアップダイアログボックスで指示されるスキーマの伝播を受け入れます。[Component] (コンポーネント)ビューの[Mapping] (マッピング)テーブルに4行が自動的に入力されます。
  8. [Component] (コンポーネント)ビューの[XML field] (XMLフィールド)フィールドで、着信データの目的とするXMLフィールドを選択します。この例では、Normalized_fieldです。
  9. [Loop XPath Query] (ループXPathクエリー)フィールドに、XMLツリーのルートタグの名前を入力し、デフォルト値を置換します。この例では、"/record"と入力します。
  10. [Mapping] (マッピング)テーブルの[XPath query] (XPathクエリー)カラムに、目的とする正規化されたデータに対応するXMLツリータグを引用符の間に入力します。この例では、"SKU""Size""Weight"です。