行を正規化するプロセスを設定する - 7.3

Standardization

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化

このタスクについて

これを行うには、次の手順に従います。

手順

  1. tStandardizeRowをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Column to parse] (解析するカラム)フィールドで、SKU_Description_Size_Weightを選択します。これは、受信スキーマに含まれる唯一のカラムです。
  3. [Conversion rules] (変換ルール)テーブルで、[+]ボタンを8回クリックして、このテーブルに8行を追加します。
  4. これらの行を完成させるには、このシナリオの最初にrawデータを分析する時に確認したルールを入力します。
    2つのSizeルールは上から順に実行されます。この例では、この順序により、このコンポーネントは最初に3つの数値を持つサイズに一致し、次に2つの数値を持つサイズに一致します。この順序を逆にすると、このコンポーネントはすべてのサイズの最初の2つの数値を最初に一致させ、次に3つの数値のサイズの最後の数を不一致として扱います。
  5. [Generate parser code in routines] (ルーチンでのパーサーコードの生成)ボタンをクリックします。
  6. [Advanced settings] (詳細設定)ビューで、[Output format] (出力形式)エリアでデフォルトで選択されているオプションをそのまま使います。
    [Max edits for fuzzy match] (ファジーマッチの最大編集)は、デフォルトで1に設定されています。