追加のコンポーネントをドロップしリンクさせる - 7.3

Standardization

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化

このタスクについて

これを行うには、次の手順に従います。

手順

  1. デザインワークスペースで、[Main] (メイン)行リンクを使ってtStandardizeRowに接続されているtLogRowコンポーネントを削除します。
  2. [Palette] (パレット)から、tExtractXMLFieldtFilterRow、および2つのtLogRowコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。このシナリオでは、2つのtLogRowコンポーネントにそれぞれValidSizeおよびInvalidSizeという名前が付けられています。
    コンポーネントの名前を変更する方法は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。
  3. PartsmastertStandardizeRowに接続するための最初の手順で行ったように、[Main] (メイン)リンクを使ってtExtractXMLFieldtFilterRowに接続します。
  4. 同じようにして、ただし[Filter] (フィルター)リンクを使ってtFilterRowValidSizeに接続します。
  5. tSandardizeRowExceptionに接続する最初のステップで行ったように、[Reject] (リジェクト)リンクを使ってtFilterRowInvalidSizeに接続します。