コンポーネントをドロップしリンクさせる - 7.3

Standardization

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化

このタスクについて

このステップを複製するには、次の手順に従います。

手順

  1. Studioの[Repository] (リポジトリー)で、partsmaster.csvファイルのファイル区切り記号付きスキーマを設定します。ファイル区切り記号付きスキーマの設定方法については、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。
  2. Studioの[Repository] (リポジトリー)[Metadata] (メタデータ)ノードで、partsmaster.csvのファイル区切り記号付きスキーマを選択し、デザインワークスペースにドロップします。
  3. ポップアップしたダイアログボックスからtFileInputDelimitedを選択します。
    tFileInputDelimited (partsmaster)コンポーネントがデザインワークスペースに表示されます。
  4. [Palette] (パレット)からtStandardizeRowコンポーネントと2つのtLogRowコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。
  5. tFileInputDelimited (partsmaster)を右クリックして、コンテキストメニューを開きます。
  6. コンテキストメニューから[Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを選択して、このコンポーネントをtStandardizeRowに接続します。
  7. ポップアップダイアログボックスで指示されるスキーマの伝播を受け入れます。
  8. tStandardizeRowから、同じようにして、[Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを使ってこのコンポーネントを2つのtLogRowコンポーネントの1つに接続し、[Row] (行) > [Reject] (リジェクト)リンクを使ってもう1つのtLogRowコンポーネントにに接続して、スキーマの伝播を受け入れます。
    これらの各コンポーネントに表示される名前は、tLogRowコンポーネントの1つに対して行ったように変更できます。同コンポーネントは、このシナリオではExceptionという名前になっています。詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

タスクの結果

次に、使用する各コンポーネントの設定に進みます。