ジョブを実行する - 7.3

Standardization

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化

手順

[F6]を押してこのジョブを実行します。
[Run] (実行)ビューのコンソールでは、正規化されたXMLデータフローから選択された目的のデータを読み取ることができます。
このジョブは、rawデータと並行して、正規化された目的のデータをリスト表示します。
tFilterRowによってリジェクトされたデータも読むことができます。
注:

ページスペースの都合上、結果の一部のみが表示されています。