正規化されたXMLデータから目的のデータを抽出する - 7.3

Standardization

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化

このセクションでは、このシナリオの2番目のステップを示します。最初のステップでこのアクション用に設定されたtLogRowコンポーネントの代わりに、4つのコンポーネントが追加され、正規化されたXMLデータを受け取ります。以下が4つのコンポーネントです。

  • tExtractXMLField: 入力XMLフィールドを読み取り、必要なデータを抽出します。

  • tFilterRow: 選択されたカラムに条件を設定して、入力行をフィルタリングします。

  • tLogRow (x2): この2つのコンポーネントは、tFilterRowで設定された条件に基づいて有効または無効なデータをそれぞれ取得および表示します。

2番目のステップを再現するには、以下のセクションに示す手順に従います。