完全一致を抽出する - 7.3

Standardization

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化

手順

  1. tExtractXMLFieldコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックしてスキーマエディターを開き、出力フローに4つのカラムを追加して、BrandRangeColorAmountという名前を付けます。[Ok]をクリックして確定し、エディターを閉じます。
  3. XML fieldフィールドで、STANDARDIZED_FIELDカラムが選択されていることを確認します。
    STANDARDIZED_FIELDカラムのコンテンツは、<record>タグをルートとするXMLフィールドです。このタグの下で、tStandardizeRowコンポーネントで設定されたルールによって定義された構造により、入力フローからアイテムを抽出できます。
  4. [Loop XPath query] (ループXPathクエリー)フィールドに"/"を入力して、ルートをループノードとして定義します。
  5. [Mapping] (マッピング)テーブルの[XPath query] (XPathクエリー)フィールドに、"record/Brand""record/Range""record/Color""record/Measure"をそれぞれ入力します。
  6. tFileOutputExcelコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  7. 宛先のファイル名とシート名を設定し、[Include Header] (ヘッダーを含める)チェックボックスをオンにします。