Talend StudioからサービスをTalend Artifact Repositoryに公開する - 7.3

Talend Real-Time Big Data Platform 入門ガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Real-Time Big Data Platform
Product
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング

このセクションでは、テストを目的に顧客サービスをStudioからTalend Artifact Repositoryに公開する方法を説明します。この方法により、作成したすべてのアイテムを一元化、管理、登録し、実行サーバー上にデプロイできます。

サービスを公開する前に、Talend Artifact Repositoryが実行されていることをご確認ください。詳細は、Talend Administration Centerを開始して設定を参照してください。

手順

  1. Talend Artifact Repositoryの接続環境設定がStudioで正しく指定されていることを確認します。メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)の順にクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。左パネルのツリービューで[Talend]ノードを展開し、[Artifact repository] (アーティファクトリポジトリー)を選択します。デフォルト設定をそのまま使用するか、必要に応じて変更します。
  2. Talend Studio[Repository] (リポジトリー)ビューから、[Services] (サービス)の下でCustomerService 0.1を右クリックし、[Publish] (公開)を選択します。
  3. [Publish Job into Artifact Repository] (ジョブをアーティファクトリポジトリーに公開する)ウィザードで、[Publish as SNAPSHOT] (スナップショットとして公開)チェックボックスをオンにして、サービスのスナップショットバージョンを[Snapshots] (スナップショット)リポジトリーに公開します。
  4. [Finish] (終了)をクリックします。

タスクの結果

これで、サービスがTalend Artifact Repository[Snapshots] (スナップショット)でアーティファクトとして利用可能になりました。Talend Administration CenterからTalend ESBコンテナーにデプロイできます。詳細は、Talend Administration Centerからサービスを公開およびデプロイするを参照してください。