システムルーチンにアクセス - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

手順

  1. TalendのR2021-03以降のStudio月次アップデートをインストールしている場合は、[Repository] (リポジトリー)ツリービューにある[Code] (コード) > [Global Routines] (グローバルルーチン) > [System] (システム)をクリックします。または、[Code] (コード) > [Routines] (ルーチン) > [System] (システム)をクリックします。
    システムルーチンは[System] (システム)フォルダーの下に保存され、用途に応じて分類されています。各システムルーチンは複数の関数を含みます。
    注: [system] (システム)フォルダーとシステムルーチンは読み取り専用です。ProfilingパースペクティブかMDMパースペクティブでいずれかのTalendソリューションをサブスクライブしている場合は、Talend Data QualityまたはMDMの固有のシステムルーチンにアクセスできます。
  2. 目的のシステムルーチン、たとえば[Numeric] (数値)をダブルクリックします。
    ルーチンエディターが開きます。システムルーチン内の関数はすべて、記述的テキスト、およびそれに続いて対応するJavaコードで構成されています。

    Studioの左下の[Outline] (アウトライン)ビューで目的の関数名をクリックすれば、対応するコードに直接ジャンプできます。または、ルーチンエディターでCtrl + Oを押し、表示されたリストから目的の関数を選択し、関数を見つけることができます。