テーブルの詳細 - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

レポートは分析の集計となります。完全なレポートは複数行で構成されます(レポートが含むことができる数の分析)。

TDQ_ANALYSIS

  • AN_PK: プライマリキー(人工)
  • AN_UUID: 分析識別子
  • AN_LABEL: 分析名
  • AN_CREATION_DATE: 分析作成日
  • AN_AUTHOR: 分析作成者
  • AN_DATA_FILTER: 分析のデータフィルター
  • AN_STATUS: 分析ステータス
  • REP_UUID: レポート識別子
  • REP_CREATION_DATE: レポート作成日
  • REP_LABEL: レポート名
  • REP_AUTHOR: レポート作成者
  • REP_STATUS: レポートステータス
  • AN_BEGIN_DATE: 行の作成日
  • AN_END_DATE: ペア(レポート/分析)の属性の変更を示す日付
  • AN_VERSION: ペアのデータ変更ごとにインクリメントされる(レポート、分析)のバージョン番号
  • AN_PURPOSE: 分析目的
  • AN_DESCRIPTION: 分析の説明
  • REP_PURPOSE: レポートの目的
  • REP_DESCRIPTION: レポートの説明
  • AN_TYPE: 分析のタイプ

TDQ_ANALYZED_ELEMENT

  • ELT_PK: プライマリキー(人工)
  • ELT_UUID:分析されたエレメントの識別子
  • ELT_CONNECTION_UUID: 接続識別子
  • ELT_CONNECTION_NAME: 接続名
  • ELT_CATALOG_NAME: カタログ名、またはNull値に相当する Talend デフォルト値(SqlConstants.javaを参照)
  • ELT_SCHEMA_NAME: スキーマ名、またはNull値に相当するTalendデフォルト値(SqlConstants.javaを参照)
  • ELT_TABLE_NAME: テーブル名、またはNull値に相当するTalendデフォルト値(SqlConstants.javaを参照)
  • ELT_COLUMN_NAME: カラム名、またはNull値に相当するTalendデフォルト値(SqlConstants.javaを参照)
  • ELT_BEGIN_DATE: 履歴カラム
  • ELT_END_DATE: 履歴カラム
  • ELT_VERSION: 履歴カラム
  • ELT_CONNECTION_URL: 分析されたエレメントを含むデータベースの接続URL
  • ELT_SIZE: 分析対象カラムのサイズ
  • ELT_PROJECT_NAME: 現在のプロジェクト名
  • ELT_PROJECT_DESCRIPTION: 現在のプロジェクト説明
  • ELT_CTX_GROUP_ID: コンテキストグループID
  • ELT_CTX_GROUP_NAME: コンテキストグループ名
  • ELT_CTX_NAME: コンテキスト名

TDQ_BLOCKING_KEY

  • B_KEY_PK: プライマリキー(人工)
  • ANALYSIS_PK: 分析ディメンションテーブルへの外部キー
  • B_KEY_NAME: ブロッキングキー名
  • B_KEY_INPUT_COLUMN: 入力カラム名
  • B_KEY_PRE_ALGORITHM: プリアルゴリズム名
  • B_KEY_PRE_ALGORITHM_VALUE: プリアルゴリズム値
  • B_KEY_ALGORITHM: アルゴリズム名
  • B_KEY_ALGORITHM_VALUE: アルゴリズム値
  • B_KEY_POST_ALGORITHM: ポストアルゴリズム名
  • B_KEY_POST_ALGORITHM_VALUE: ポストアルゴリズム値
  • REP_RUNTIME: レポートの実行日

TDQ_MATCHING_KEY

  • M_KEY_PK: プライマリキー(人工)
  • ANALYSIS_PK: 分析ディメンションテーブルへの外部キー
  • M_KEY_MATCHRULE_NAME: マッチングルール名
  • M_KEY_NAME: マッチングキー名
  • M_KEY_INPUT_COLUMN: 入力カラム名
  • M_KEY_MATCHING_FUNCTION: マッチング機能名
  • M_KEY_CUSTOM_MATCHER: カスタムマッチャー名
  • M_KEY_TOKENNIZED_MEASURE: 設定済みのトークン化された測定
  • M_KEY_THRESHOLD: マッチングキースレッショルド
  • M_KEY_CONFIDENCE_WEIGHT : マッチングキーの信頼度の重み付け
  • M_KEY_HANDLE_NULL: 設定済みのNull処理パラメーター
  • M_KEY_MATCHRULE_THRESHOLD: マッチングルールスレッショルド
  • M_KEY_SURVIVORSHIP_FUNCTIONサバイバーシップ機能名
  • M_KEY_REFERENCE_COLUMN: リファレンスカラム名
  • M_KEY_PARAMETER: 設定済みのサバイバーシップ機能パラメーター
  • AN_MATCH_THRESHOLD: マッチング分析の信頼できるマッチングスレッショルド
  • AN_RECORD_LINKAGE_ALGORITHM: マッチング分析のレコード連鎖アルゴリズム
  • REP_RUNTIME: レポートの実行日

TDQ_ANALYZED_SET

  • AN_SET_PK: プライマリキー(人工)
  • MATCH_IND_PK: AセットとBセットで一致するインジケーターID
  • ELT_A_PK: 一致するインジケーターのAセットに属するエレメント
  • ELT_B_PK: 一致するインジケータのBセットに属するエレメント

TDQ_CALENDAR

  • CAL_PK: プライマリキー
  • CAL_DATE: 日付
  • CAL_DAY_IN_MONTH: 月と日付
  • CAL_DAY_IN_YEAR: 年内の日数
  • CAL_LAST_WEEK_DAY: 現在の週の最終日の年内におけるカウント(CAL_DAY_IN_YEAR)
  • CAL_LAST_MONTH_DAY: 現在の月の最終日の年内におけるカウント(CAL_DAY_IN_YEAR)
  • CAL_WEEK_DAY: 週内の日数
  • CAL_DAY_NAME: 曜日名
  • CAL_WEEK_NUM: 週数
  • CAL_WEEK_PERIOD: 期間(yyyyww)。(y)は年、(w)は週数
  • CAL_MONTH: 月数
  • CAL_MONTH_NAME: 月名
  • CAL_YEAR: 年
  • CAL_MONTH_PERIOD: 期間を表す文字列: (yyyymm)
  • CAL_QUARTER: 四半期1、2、3または4
  • CAL_QUARTER_PERIOD: 期間(yyyyq): ここで(y)は年、(q)は四半期1、2、3、または4
  • CAL_SEMESTER: 半期(1または2)
  • CAL_SEMESTER_PERIOD: 期間(yyyys)。(y)は年、(s)は半期数
  • CAL_DAY_OFF: 休日を示すフラグ
  • CAL_SPECIAL_DAY: 特別な日を示すフラグ。Yは特別な日を示し、Nは特別な日以外を示す
  • CAL_SPEC_DAY_LABEL: 特別な日のラベル

TDQ_DAY_TIME

UTC (協定世界時)で保存される時間データ

  • TIME_PK: プライマリキー(人工)
  • TIME_HOUR: 時(0-23)
  • TIME_MINUTES: 分(0-59)
  • TIME_LABEL: 時間ラベル

TDQ_INDICATOR_DEFINITION

  • IND_PK: プライマリキー(人工)
  • IND_LABEL: インジケーターラベル
  • IND_UUID: インジケーター識別子
  • IND_CATEGORY: インジケーターのカテゴリー。

    [Simple Statistics] (シンプル統計)カテゴリーの[Count] (カウント)サブカテゴリーに属するカウントインジケーターなどの単純なインジケーター。テキストインジケーターは[Text Statistics] (テキスト統計)カテゴリーに属します。平均、中央、下部四分位数、上部四分位数、最小値、最大値は、[Summary Statistics] (概要統計)カテゴリーに属します。モードは、[Advanced Statistics] (高度な統計)カテゴリーの[Mode] (モード)サブカテゴリーに属します。頻度テーブルは、[Advanced Statistics] (高度な統計)カテゴリーの[Frequencies] (頻度)サブカテゴリーに属します。

  • IND_CATEG_UUID: カテゴリーの識別子
  • IND_CRITICAL: インジケーターの重要度レベル
  • IND_PURPOSE: インジケーターの目的
  • IND_DESCRIPTION: インジケーターの説明

および3つの履歴カラム:

  • IND_BEGIN_DATE
  • IND_END_DATE
  • IND_VERSION

TDQ_INDICATOR_OPTIONS

  • INO_PK: プライマリキー(人工)
  • INO_CASE_SENSITIVE: 大文字小文字を区別するかどうかのフラグ。YNUのいずれか
  • INO_REGEXP: 正規表現
  • INO_COUNT_NULLS: Null値をカウントするかどうかのフラグ。YまたはN
  • INO_COUNT_BLANKS: 空白値をカウントするかどうかのフラグ。YまたはN

TDQ_INDICATOR_VALUE

  • INDV_PK: プライマリキー(人工)
  • TIME_PK: 時間ディメンションテーブルへの外部キー
  • ELEMENT_PK: 分析されたエレメントのディメンションテーブルへの外部キー
  • ANALYSIS_PK: 分析ディメンションテーブルへの外部キー
  • VALUE_PK: 値ディメンションテーブルへの外部キー
  • OPTION_PK: オプションディメンションテーブルへの外部キー
  • INDICATOR_PK: インジケーター定義ディメンションテーブルへの外部キー
  • CALENDAR_PK: 日付ディメンションテーブルへの外部キー
  • IND_TYPE: データマイニングのタイプ
  • AN_DURATION: 分析期間
  • AN_RUNTIME: 分析の実行日
  • INDV_REAL_VALUE: インジケーターの実数値
  • INDV_INT_VALUE: インジケーターの整数値
  • INDV_ROW_COUNT: このインジケーターを評価した時の行数
  • INDV_VALUE_TYPE_INDICATOR: 実数値のインジケーターであるかどうかを示すフラグ
  • INDV_DTHRESH_OK: このインジケータがデータスレッショルドを考慮しているかどうかを示すフラグ。YNUのいずれか。Yは考慮している、Nは考慮していない、Uは未定義を示す。
  • INDV_DTHRESH_LOW: 下限のデータスレッショルド
  • INDV_DTHRESH_HI: 上限のデータスレッショルド
  • INDV_ITHRESH_OK: このインジケーターがインジケータースレッショルドを考慮しているかどうかを示すフラグ。YNUのいずれか。Yは考慮している、Nは考慮していない、Uは未定義を示す。
  • INDV_ITHRESH_LOW: 下限のインジケータースレッショルド
  • INDV_ITHRESH_HI: 上限のインジケータースレッショルド
  • INDV_EXP_VAL_OK: このインジケーターがインジケーター予想値を考慮しているかどうかを示すフラグ。YNYのいずれか。Yは考慮している、Nは考慮していない、Uは未定義を示す。
  • INDV_EXP_VAL: インジケーターの予想値
  • INDV_ITHRESH_PERC_OK: このインジケーターが定義済みのパーセントスレッショルドを考慮しているかどうかを示すフラグ。YNUのいずれか。Yは考慮している、Nは考慮していない、Uは未定義を示す。
  • INDV_ITHRESH_PERC_LOW: 行の合計数に対するインジケーター値の下限スレッショルド(%単位)
  • INDV_ITHRESH_PERC_HI: 行の合計数に対するインジケーター値の上限スレッショルド(%単位)
  • INDV_DATE_VALUE: インジケーターの日付値を保存する
  • INDV_IDATETHRESH_LO: 日付の下限スレッショルドを保存する
  • INDV_IDATETHRESH_HI: 日付の上限スレッショルドを保存する
  • INDV_IDATETHRESH_OK: このインジケーターが日付しきい値を考慮しているかどうかを示すフラグ。YNUのいずれか。"Y"は考慮している、"N"は考慮していない、"U"は未定義を示す
  • REP_DURATION: レポートの期間
  • REP_RUNTIME: レポートの実行日

TDQ_MATCH_INDVALUE

  • M_PK: プライマリキー
  • OPTION_PK: オプションへの参照
  • ANALYSIS_PK: 分析ディメンションテーブルへの外部キー
  • TABLE_A_PK: Aセットを含むテーブルへの外部キー
  • TABLE_B_PK: Bセットを含むテーブルへの外部キー
  • INDICATOR_PK: インジケーター定義への外部キー
  • AN_DURATION: 分析の実行期間
  • TIME_PK: 分析実行時間への外部キー
  • CALENDAR_PK: 分析実行日への外部キー
  • AN_RUNTIME: 分析の実行日
  • INDV_MATCH_PERCENT: 一致する値の割合(%)
  • INDV_MATCH_COUNT: 一致する値の数
  • INDV_ROW_COUNT: 行数の合計
  • INDV_DTHRESH_OK: このインジケーターがデータスレッショルドを考慮しているかどうかを示すフラグ。YNUのいずれか。"Y"は考慮している、"N"は考慮していない、"U"は未定義を示す。
  • INDV_DTHRESH_LOW: 下限のデータスレッショルド
  • INDV_DTHRESH_HI: 上限のデータスレッショルド
  • INDV_ITHRESH_OK: このインジケーターがインジケータースレッショルドを考慮しているかどうかを示すフラグ。YNUのいずれか。Yは考慮している、Nは考慮していない、Uは未定義を示す。
  • INDV_ITHRESH_LOW: 下限のインジケータースレッショルド
  • INDV_ITHRESH_HI: 上限のインジケータースレッショルド
  • INDV_EXP_VAL_OK: このインジケーターがインジケーター予想値を考慮しているかどうかを示すフラグ。YNYのいずれか。Yは考慮している、Nは考慮していない、Uは未定義を示す。
  • INDV_EXP_VAL: インジケーターの予想値
  • REP_DURATION: レポートの期間
  • REP_RUNTIME: レポートの実行日

TDQ_MATCHING_INDVALUE

  • M_PK: プライマリキー
  • ANALYSIS_PK: 分析ディメンションテーブルへの外部キー
  • TABLE_PK: 分析対象テーブルへの外部キー
  • TIME_PK: 分析実行時間への外部キー
  • CALENDAR_PK: 分析実行日への外部キー
  • AN_DURATION: 分析の実行期間
  • AN_RUNTIME: 分析の実行日
  • VERSION: テーブルTDQ_TABLE_ANALIZED_SET内のバージョン番号への参照
  • M_ROW_COUNT: 行数の合計
  • M_UNIQUE_COUNT: ユニークなレコードのカウント
  • M_SUSPECT_COUNT: サスペクトレコードのカウント
  • M_MATCH_COUNT: 一致したレコードのカウント
  • REP_DURATION: レポート実行の処理時間
  • REP_RUNTIME: レポートの実行日

このファクトテーブルに関連するディメンションテーブルは、TDQ_MATCHING_INDVALUEファクトテーブル内に存在しないIND_PKを除いて、TDQ_SET_INDVALUEテーブルのディメンションテーブルと同じです。

TDQ_GROUP_STATISTICS

  • G_PK: プライマリキー
  • M_PK: 一致するインジケーター結果への外部キー(TDQ_MATCHING_INDVALUEM_PK)
  • G_SIZE: グループサイズ
  • G_GROUP_COUNT: グループカウント
  • G_RECORD_COUNT: レコードカウント
  • REP_RUNTIME: レポートの実行日

TDQ_OVERVIEW_INDVALUE

  • TV_PK: プライマリキー(テクニカルキー)
  • AN_PK: 分析への外部キー
  • CAL_PK: 分析実行日への外部キー
  • TIME_PK: 分析実行時間への外部キー
  • IND_PK: インジケーター定義への外部キー
  • ELT_PK: 分析されたエレメントへの外部キー(テーブルの場合、分析されたエレメントはそれらの親スキーマまたはカタログを参照する)
  • TV_NAME: ビュー名のテーブル。行がスキーマレベル、カタログ、または接続を表す時は、空の場合がある
  • TV_CATALOGCOUNT: カタログ数
  • TV_SCHEMACOUNT: スキーマ数
  • TV_TABLECOUNT: テーブル数
  • TV_ROWCOUNT: テーブル内の行数
  • TV_KEYCOUNT: キー数
  • TV_INDEXCOUNT: インデックス数
  • TV_TRIGGERCOUNT: トリガー数
  • TV_VIEWCOUNT: ビュー数(0または1になる)
  • TV_TABLE_FILTER: 分析で使用されたテーブルフィルター
  • TV_VIEW_FILTER: 分析で使用されたビューフィルター
  • AN_RUNTIME_TIMESTAMP: 分析の実行日
  • AN_DURATION: 分析期間(ミリ秒)
  • REP_DURATION: レポートの期間
  • REP_RUNTIME: レポートの実行日

TDQ_SET_INDVALUE

  • SET_INDV_PK: プライマリキー(人工)
  • TIME_PK: TDQ_DAY_TIMEディメンションテーブルへの外部キー
  • CAL_PK: カレンダーディメンションテーブルへの外部キー
  • AN_PK: TDQ_ANALYSISディメンションテーブルへの外部キー
  • IND_PK: TDQ_INDICATOR_DEFINITIONテーブルへの外部キー
  • SIV_INT_VALUE: インジケーターカウント値
  • AN_DURATION: 分析実行時間
  • AN_RUNTIME: 分析の実行日
  • VERSION: テーブルTDQ_TABLE_ANALYZED_SET内のバージョン番号への参照
  • SIV_ROW_COUNT: 行数の合計
  • SIV_THRESH_OK: このインジケーターがインジケータースレッショルドを考慮しているかどうかを示すフラグ。YNUのいずれか。Yは考慮している、Nは考慮していない、Uは未定義を示す。
  • SIV_THRESH_LOW: 下限のインジケータースレッショルド
  • SIV_THRESH_HI: 上限のインジケータースレッショルド
  • SIV_THRESH_PERC_OK: このインジケーターが定義済みのパーセントスレッショルドを考慮しているかどうかを示すフラグ。YNUのいずれか。Yは考慮している、Nは考慮していない、Uは未定義を示す。
  • SIV_THRESH_PERC_LOW: 行の合計数に対するインジケーター値の下限スレッショルド(%単位)
  • SIV_THRESH_PERC_HI: 行の合計数に対するインジケーター値の上限スレッショルド(%単位)
  • TABLE_PK: 分析されたエレメントを含むテーブルへの参照
  • IND_PARENT_PK: 子インジケーターを親インジケーターにリンク
  • ELT_PK: カラムへのリンク
  • REP_DURATION: レポートの期間
  • REP_RUNTIME: レポートの実行日

TDQ_VALUES

  • VAL_PK: プライマリキー(人工)
  • VAL_STRING: 値(頻度テーブルの候補値のいずれか)

TDQ_PRODUCT

  • PR_VERSION: TDQのリリースのバージョン番号を含む

TDQ_TABLE_ANALYZED_SET

  • AN_SET_PK: プライマリキー
  • VERSION: カラムセットバリエーションによって決まる分析のバージョン
  • ELT_PK: TDQ_ANALYZED_ELEMENTディメンションテーブルへの外部キー
  • AN_PK: TDQ_ANALYSISディメンションテーブルへの外部キー

TDQ_MIGRATION

  • ID: プライマリキー(人工)
  • MIGRATION_NAME: 移行の名前
  • PREVIOUS_VERSION: 前の製品バージョン
  • UPDATE_VERSION: 更新された製品バージョン
  • MIGRATION_DATE: 移行日