正規表現またはSQLパターンの編集 - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
任意の正規表現またはSQLパターンのエディターを開いてその設定を確認し、または定義を編集して、特定のタイプのデータベースタイプや用途に合わせることができます。

始める前に

Talend Studio Profiling パースペクティブを選択していること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー) > [Patterns] (パターン)の順に展開します。
  2. 正規表現またはSQLパターンのリストを閲覧し、開くまたは編集する正規表現やパターンを見つけます。
  3. 名前を右クリックしてコンテキストメニューから[Open] (開く)を選択します。

    パターンエディターが開き正規表現またはSQLパターンの設定が表示されます。

  4. 必要に応じてパターンのメタデータを編集し、[Pattern Definition] (パターン定義)をクリックして該当するビューを表示します。

    このビューでは、パターン定義を編集し、選択データベースを変更し [+]ボタンを使って利用可能データベース特有の他のパターンを追加できます。

    注:

    PostgreSQLデータベースの場合、正規表現はデータベースの異なるバージョン間で互換性がありません。

    PostgreSQLバージョン9.1以降で正規表現を使用する場合は、次のいずれかを実行する必要があります。
    • PostgreSQLデータベース設定で、standard_conforming_stringsパラメーターをoffに設定し、定義内に二重のバックスラッシュを記述するか、
    • ウィザードの[Regular expression] (正規表現)フィールドの表現定義で単一のバックスラッシュを使用します。

    PostgreSQL正規表現の詳細を確認するには、[Window] (ウィンドウ) > [Show View] (ビューの表示)を選択して[Help] (ヘルプ)を展開し、[Bookmarks] (ブックマーク)を選択します。

  5. 正規表現またはSQLパターンがすべてのデータベースで使用するのに通常のパターンで十分であれば、リストからDefaultを選択します。
  6. エディターの上部にある保存アイコンをクリックして変更を保存します。
    注: 正規表現またはSQLパターンを編集する場合、それらを使用する可能性のあるすべての分析に対して、その変更が適切であることをご確認ください。