オントロジーリポジトリーのエンリッチメント - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

ウィザードのこのページには、選択したコンセプトとその関連する属性が表示されます。また、テーブルに[Enrich Action] (エンリッチアクション)という新しい行が追加されます。

このページのカラムで定義する内容はすべて、ログサーバーのオントロジーリポジトリーをエンリッチ化するために使用されます。

手順

  1. 各カラムの[Semantic] (セマンティック)リストから新しい属性を選択します。
    オントロジーリポジトリーのエンリッチ化に使用しない場合でも、カラムのコンセプトと属性の定義は、カラムに使用するインジケーターの選択にとって重要です。
  2. 各カラムの[Action] (アクション)リストから、ログサーバー上のリポジトリーに新しい属性を追加するかどうか、またはその追加方法を選択します。
    リポジトリー内のコンセプトは、同義語と新しい属性でエンリッチ化されます。
    セマンティックリストは、[Category] (カテゴリー)フィールドと[Semantics] (セマンティック)フィールドのコンテンツに応じて、カラムごとに異なる場合があります。
  3. [Next] (次へ)をクリックし、新規ウィンドウで[Validated status] (検証済みステータス)カラムをチェックし、オントロジーリポジトリーに対して実行しようとしているアクションが有効であることを確認します。
    ステータスは次のように表示されます。
    • 追加するコンセプトをオントロジーからのコンセプトに一致させることができ、それがオントロジーリポジトリー内にまだ存在しない場合、ステータスは有効です。
    • 追加するコンセプトをオントロジーからのコンセプトに一致させることができない場合、ステータスは無効であり、警告アイコンが表示されます。
    • 追加するコンセプトをオントロジーからのコンセプトに一致させることができ、それがオントロジーリポジトリー内に既に存在する場合、ステータスは無効であり、赤い警告アイコンが表示されます。
    前のウィンドウでの選択はいつでも変更できます。また、キャンセルするアクションのチェックボックスをオフにすることもできます。
  4. [Run enrichment] (エンリッチ化の実行)をクリックすると、選択した属性でオントロジーリポジトリーがエンリッチ化されます。
    ウィザードの下部の結果ビューには、オントロジーリポジトリーに追加された内容を確認するメッセージが表示されます。
  5. 次のボタンをクリックします。
    • [Finish] (終了): テーブル分析がデフォルト名で作成されます。
    • [Next] (次へ): ウィザード内にページが開き、分析メタデータを設定できます。