デザインでのエラー処理 - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
このセクションでは、ジョブデザインにエラー処理を統合する方法について説明します。

Talendが提供している組み込みコンポーネントとリンクトリガーは別として、tMapなどの処理コンポーネントを使用してジョブデザイン自体で論理を統合することで、エラーを非常に効果的に処理できます。

この例では、データフローを決定するためにtMapを使用します。再処理を必要とするエラーレコードはすべて、メールでビジネスユーザーに通知されます。リジェクトは、おそらく再処理のためにファイルに書き込まれ、デルタレコードはテーブルに書き込まれます。