Talend Exchangeにユーザー定義インジケーターをエクスポートする - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

現在のTalend Studioからユーザー定義インジケーターをTalend Exchangeにエクスポートし、他のユーザーと共有できます。

エクスポートされたインジケーターは.xmiファイルとしてエクスチェンジサーバーに保存されます。

始める前に

Talend Studio Profiling パースペクティブでユーザー定義インジケーターが少なくとも1つ作成されていること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー) > [Indicators] (インジケーター)の順に展開します。
  2. [User Defined Indicator] (ユーザー定義インジケーター)フォルダーを右クリックし、[Export for TalendExchange] (Talend Exchangeにエクスポート)を選択します。

    [Export for Talend Exchange] (Talend Exchangeにエクスポート)ウィザードが表示されます。

  3. インジケーターを保存するフォルダーを参照します。
  4. 指定したフォルダーに保存するインジケーターのチェックボックスをオンにします。
    [Browse] (参照)チェックボックスをオンにしてエクスポートするインジケーターのみをリスト表示します。
  5. [Finish] (終了)をクリックします。
    選択された各インジケーターの.xmiファイルが定義されたフォルダーにzipファイルとして保存されます。
  6. zipファイルをhttps://exchange.talend.com/Talend Exchangeにアップロードします。Talend Exchangeサーバーのアカウントをお持ちでない場合は作成してください。