トリガーモードによる変更データの抽出 - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

CDC環境を設定後、ソースシステムからデータに加えられた変更を抽出できるようにするためには、使用しているデータベースのタイプに対応したCDCコンポーネントを使用してTalend Studioでジョブを設計します。この例では、tTeradataCDCコンポーネントを使用して、ソーステーブルpersonに対して行ったデータ変更を抽出する方法を示します。

手順

  1. Talend Studioで新規ジョブを作成し、tTeradataCDCコンポーネントとtLogRowコンポーネントを追加し、[Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用してtTeradataCDCtLogRowにリンクします。
  2. tTeradataCDCをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  3. [Property of the CDC connection] (CDC接続のプロパティ)ドロップダウンリストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、フィールドのとなりにある[...]ボタンをクリックして、CDC専用のDB接続に対応するスキーマを取得します。
  4. [Schema using CDC] (CDCを使用するスキーマ)ドロップダウンリストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、フィールドのとなりにある[...]ボタンをクリックして、変更がキャプチャーされるテーブルに対応するスキーマを取得します。
  5. 監視対象のイベントのチェックボックスをオンにします。
  6. tLogRowをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューの[Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの出力値))を選択します。これで結果の表示が改善します。
  7. [Ctrl]+[S]を押してジョブを保存し、[F6]を押して実行します。
    コンソールで、[View All Changes] (すべての変更を表示)ダイアログボックスで表示される内容に対応する出力結果を見ることができます。