正規表現またはSQLパターンをTalend Exchangeからインポートする - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

現在ご利用のTalend StudioのリポジトリーにTalend Exchangeから正規表現またはSQLパターンの.xmiファイルをインポートして、カラム分析で使用できます。

現在ご利用のTalend Studioのバージョンに対応したバージョンのみをインポートできます。

このタスクについて

前提条件: Studioで Profiling パースペクティブを選択していること。ネットワークが機能している必要があります。

以下の例ではSQLパターンを使用します。同じ手順に従って正規表現をインポートできます。

Talend Exchange からSQLパターンをインポートするには、次の手順で行います:

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー) ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー) > [Exchange]の順に展開します。
    接続に問題があると[Exchange]ノード下のいずれの項目にもアクセスできません。インターネット接続の確認を求めるポップアップが表示されます。
  2. [Exchange]の下の[SQL]を展開し、インポートするパターン名を右クリックします。
  3. [Import in DQ Repository] (DQリポジトリーにインポート)を選択します。
    現在ご利用ののバージョンに対応したバージョンのみにアクセスできます。Talend Studio

    [Import From Talend Exchange] (Talend Exchangeからインポート)ウィザードが開きます。

  4. [Error and Warning] (エラーと警告)エリアにエラーおよび警告メッセージがリスト表示される場合、[Overwrite existing items] (既存項目の上書き)チェックボックスをオンにします。
    これは、同じ名前のパターンが現在のStudioに既に存在していることを意味しています。インポートされるパターンがTalend Studioにあるものに置き換わります。
  5. [Finish] (終了)をクリックします。
    情報バーが表示されます。インポートされたパターンは、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[Patterns] (パターン) > [SQL]フォルダーの下にリスト表示されます。
    Studioにインポートするパターンは元のリポジトリーにあった時と同じ構造でインポートされます。これらのパターンは元のリポジトリーの時と同じフォルダーまたはサブフォルダーの中にインポートされます。