ジョブのデプロイバージョンの管理 - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを使用して、アーティファクトリポジトリーに公開する各ジョブアイテムのデプロイバージョンをバッチ方式または個別に管理できます。

手順

  1. Studioのメインウィンドウのツールバーでをクリックするか、メニューバーで[File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティの編集)の順にクリックして、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. ダイアログボックスのツリービューで[Build] (ビルド) > [Maven]の順に展開し、[Deployment Versioning] (デプロイバージョン管理)を選択して該当するビューを開きます。
  3. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、デプロイバージョンを管理する項目が含まれているノードを展開し、その項目のチェックボックスをオンにします。
    選択した項目が右側の[Items] (項目)リストに、現在のバージョンが[Version] (バージョン)カラムに表示されます。
  4. 必要に応じて変更します。
    • すべての項目にデプロイバージョンを設定するには、[Project version] (プロジェクトバージョン)フィールドにバージョンを入力し、[Apply project version to items] (プロジェクトバージョンを項目に適用)オプションを選択し、[Apply version] (バージョンの適用)をクリックします。

    • 選択された項目に依存するサブジョブをすべて同時に更新する場合は、[Select all subjobs] (すべてのサブジョブを選択)をクリックします。

    • 1つ以上の項目にデプロイバージョンを個別に設定するには、[Change the version of each item individually] (各項目のバージョンを個別に変更)オプションを選択し、[Options] (オプション)エリアの下のテーブルで1つ以上の項目を選択し、デプロイバージョンの[New version] (新しいバージョン)フィールドを入力し、[Apply] (適用)をクリックします。

    • 選択した項目のデプロイバージョンとして最新のジョブバージョンを使用する場合は、[Use job versions] (ジョブバージョンの使用)オプションを選択します。

    • 1つ以上のアイテムのスナップショットバージョンを公開する場合は、[Use snapshot] (スナップショットの使用)チェックボックスをオンにしてからバージョン設定を適用します。

  5. [Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックして変更を適用し、ダイアログボックスを閉じます。
  6. 選択したジョブのいずれかがデザインワークスペース内で開いている場合は、新しいダイアログボックスで[OK]をクリックし、ジョブを保存して、新しいデプロイバージョンを適用します。
    デザインワークスペース内に開いたら、[Job] (ジョブ)ビュー内で、ジョブのいずれかのデプロイバージョンを設定することもできます。詳細は、ジョブのデプロイをカスタマイズを参照してください。
    [Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスで行うデプロイバージョンの設定は、該当する項目の[Job](ジョブ)ビュー内の[Deployment](デプロイ)タブに反映されます。また、その逆も同様です。