サバイバーシップルールパッケージの管理 - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Data Quality機能をサブスクライブしている場合は、サバイバーシップのパッケージ項目にアクセスできます。サバイバーシップルールパッケージには、ユーザー定義の検証ルールで構成される完全なサバイバー検証フローが含まれています。このサバイバー検証フローによって、重複データのグループからベストオブブリードデータを選択できます。また、選択したデータを使って重複グループごとの単一表示を作成できます。

確立されたサバイバーシップルールパッケージは[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ) > [Rules Management] (ルール管理) > [Survivorship Rules] (サバイバーシップルール)にある同じ名前のフォルダーに格納され、それぞれ検証フローの各ステップ、ルールパッケージ自体、検証フロー全体を表す項目で構成されます。次の図は、[Repository] (リポジトリー)内にあるサバイバーシップルールパッケージの例です。

注: 該当するサバイバーシップルールパッケージが生成されるまで、[Survivorship Rules] (サバイバーシップルール)項目ノードには子の項目が存在しません。tRuleSurvivorshipコンポーネントを使って目的のルールをそれぞれ定義し、該当するルールパッケージを[Repository] (リポジトリー)に生成して、確立したサバイバー検証フローを実行する必要があります。このコンポーネントの詳細は、DeduplicationtRuleSurvivorshipを参照してください。

検証ルールと共にサバイバーシップルールパッケージが[Survivorship Rules] (サバイバーシップルール)項目の下に生成された後は、次のような各種操作を実行できます。