プロジェクトアイテムの古いバージョンを削除 - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Talendが提供しているR2021-08以降のStudio月次アップデートをインストールしている場合は、[Repository] (リポジトリー)ツリービューにある各アイテムの古いバージョンを削除できます。

手順

  1. メニューバーから、[File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティの編集)をクリックします。
    [Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスが表示されます。
  2. ダイアログボックスのツリービューで[General] (一般設定) > [Version Management] (バージョン管理) > [Cleanup] (クリーンアップ)とクリックし、該当するビューを開きます。
  3. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、必要に応じてノードを展開し、削除したい古いバージョンのアイテムに対応するチェックボックスを選択します。
  4. ニーズに応じて次のいずれかのオプションを選んでください。
    • [Remove all old versions and keep only latest one] (古いバージョンをすべて削除して最新バージョンだけを保持): 選択されたアイテムの古いバージョンをすべて削除し、最新のバージョンのみを保持します。
    • [Remove all old versions lower than] (次より古いバージョンはすべて削除): 選択されたアイテムの特定バージョンより古いバージョンをすべて削除します。このオプションを選択した場合は、その横のテキストフィールドに特定のバージョン番号(0.21.0など)を入力する必要があります。どのアイテムについても、最新のバージョンは、指定されたバージョンよりも古い場合でも削除されることはありません。
    警告: ジョブ、ジョブレット、ルート、ルートレットの古いバージョンを削除する時に依存項目のチェックは行われません。ブランチで削除とクリーンアップの検証を行うことをお勧めします。
  5. [Remove] (削除)をクリックします。
    選択したアイテムの古いバージョンが削除されました。ダイアログボックスがポップアップされ、削除されたアイテムの数とクリーンアップレポートへのリンクが表示されます。このレポートには、削除された各アイテムのタイプ、名前、バージョンが含まれています。