レポートツールへのパスの設定 - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

レポートツールにリスト表示されているテンプレートを開き、必要に応じて編集できるように、StudioでJRXMLツールを設定できます。

始める前に

  • Talend Studio Profiling パースペクティブを選択していること。
  • レポーティングツールをダウンロード済みであること。
重要: 使用しているデータクオリティのStudioのバージョンと互換性があるバージョンのレポーティングツールをダウンロードします。互換性があるバージョンの詳細は、Talend StudioでJRXMLテンプレートを使うを参照してください。

手順

  1. メニューバーで、[Help] (ヘルプ) > [Configure reporting tool] (レポートツールの設定)をクリックします。
    レポートツールウィザードのダイアログボックスが表示されます。
  2. [Browse] (参照)をクリックして、レポートツールフォルダーの実行可能ファイルへのパスを設定します。
    注: リスト表示される実行可能ファイルは、オペレーティングシステムにより異なります(.exe、.bat、.sh、ireport)。
  3. [Finish] (終了)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    確認のメッセージが表示されます。
  4. [OK]をクリックして、メッセージを閉じます。
  5. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー) > [JRXML Template] (JRXMLテンプレート)の順に展開します。
  6. リストされているテンプレートのいずれかをダブルクリックします。
    テンプレートはレポートツールで開きます。
  7. テンプレートを編集して保存します。
    Studioでテンプレートが更新されます。