SAS接続のセットアップ - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューでTalend Studio[Metadata] (メタデータ)ノードの下にある[DB Connections] (DB接続)右クリックして[Create connection] (接続の作成)を選択し、[Database Connection] (データベース接続)ウィザードを開きます。
  2. [Name] (名前)[Description] (説明)など、接続の一般的なプロパティを入力し、[Next] (次へ)をクリックして接続詳細を定義する新しいビューを開きます。
    詳細は、データベース接続のセットアップの一般的なプロパティを定義しているセクションを参照してください。
  3. [Database Connection] (データベース接続)ウィザードの[DB Type] (DBタイプ)フィールドで[SAS]を選択し、続くフィールドにSASの接続情報を入力します。
  4. 必要に応じて[Check] (チェック)ボタンをクリックして接続が正常かどうかを確認します。
  5. 必要に応じて、[Database Properties] (データベースのプロパティ)エリアでデータベースプロパティに該当するフィールドを設定します。
  6. [Finish] (完了)をクリックして変更を確定し、ウィザードを閉じます。
    新しく設定されたデータベースへの接続が[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[DB Connections] (DB接続)フォルダーの下に表示されます。この接続にはいくつかのサブフォルダーがあり、その中の[Table schemas] (テーブルスキーマ)には、スキーマの取得後、この接続に関連するすべてのスキーマがグループ化されます。