TalendDataGeneratorルーチン - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

[TalendDataGenerator]ルーチンには、一連のテストデータを生成できる複数の関数が含まれています。これらの関数は、Talendが提供する、名、姓、住所、都市、州の架空のリストに基づきます。これらは一般に、tRowGeneratorコンポーネントを使ったジョブの開発時に、たとえば、本番データまたは会社のデータの使用を避けるため使用されます。

[Repository] (リポジトリー)ツリービューにあるシステムルーチンフォルダーの下の[TalendDataGenerator]ノードをダブルクリックすると、これらの関数にアクセスできます。

関数

説明

構文

getFirstName

架空のリストからランダムに取得した名を返します。

TalendDataGenerator.getFirstName()

getLastName

架空のリストからランダムに取得した姓を返します。

TalendDataGenerator.getLastName()

getUsStreet

一般的な米国のストリート名のリストからランダムに取得した住所を返します。

TalendDataGenerator.getUsStreet()

getUsCity

米国の都市のリストからランダムに取得した都市の名前を返します。

TalendDataGenerator.getUsCity()

getUsState

米国の州のリストからランダムに取得した州の名前を返します。

TalendDataGenerator.getUsState()

getUsStateId

米国の州に属性付けされたIDのリストからランダムに取得したIDを返します。

TalendDataGenerator.getUsStateId()

注: Talendが架空のデータのリストを提供するため、入力パラメーターは必要ありません。