タスクを使って作業 - 7.3

Talend Big Data Platform Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Studioの Profiling パースペクティブでは、タスクをさまざまな項目に追加したり、タスクリストを表示したり、タスクリストから完了したタスクを削除したりできます。

次のようなさまざまな項目にタスクに追加できます。

  • [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、接続、カタログ、スキーマ、テーブル、カラム、および作成した分析に追加できます。

  • 現在の分析エディターでカラム、またはカラムに設定されたパターンおよびインジケーターに直接追加できます。

また、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[Reports] (レポート)ノードの下で、生成されたレポートまたはその下にリストされている分析にタスクを追加することもできます。

たとえば、[DQ Repository] (DQリポジトリー)[Metadata] (メタデータ)ノードで、データベース接続の任意のアイテムに一般的なタスクを追加できます。[Analyses] (分析)ノードを通じて、分析のコンテキストで定義された同じアイテムに、別の特定のタスクを追加できます。さらに、現在の分析エディターで、分析コンテキストのカラムに(このカラムに設定されたパターンまたはインジケーターにも)直接タスクを追加できます。

これらの任意の項目にタスクを追加する手順は、まったく同じです。そのような項目にタスクを追加すると、[Window] (ウィンドウ) > [Show view...] (ビューの表示...)の組み合わせでアクセスできる[Tasks] (タスク)リストにこれらのタスクがリストされます。後で、[Tasks] (タスク)リストの適切なタスクをダブルクリックして、エディターで対応する関連項目を開くことができます。