ESB Dockerイメージ用のマイクロサービス(Spring-Boot)としてジョブをビルド - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

[Build Job] (ジョブのビルド)ダイアログボックスで、Dockerエンジン上で実行するために、ESB Dockerイメージ用のマイクロサービス(Spring-Boot)としてデータサービスジョブをビルドできます。
警告: Spring-BootベースのESB Microservice Dockerイメージとしてビルドできるのは、tRESTRequestコンポーネントを含むジョブのみです。

手順

  1. マイクロサービスとしてビルドするジョブをデザインワークスペース内に開きます。[Job] (ジョブ)タブの[Deployment] (デプロイ)ビューで、[Build Type] (ビルドタイプ)リストから[Microservice for ESB] (ESB用のマイクロサービス)を選択します。ジョブを保存します。
  2. [Repository] (リポジトリー)ツリービューでビルドするジョブを右クリックし、[Build Job] (ジョブのビルド)を選択して[Build Job] (ジョブのビルド)ダイアログボックスを開きます。
  3. 複数バージョンのジョブが作成されている場合は、[Job Version] (ジョブバージョン)エリアでビルドするデータサービスジョブを選択します。
  4. [Build type] (ビルドタイプ)エリアで[Microservice (Spring-boot) for ESB Docker image] (ESB Dockerイメージ用のマイクロサービス(Spring-Boot))を選択して、ジョブをマイクロサービスDockerイメージとしてビルドします。
  5. ジョブで使用するデフォルトコンテキストのみをエクスポートするには、[Only export the default context] (デフォルトコンテキストのみをエクスポート)オプションを選択します。
  6. Dockerエンジンのインストールに基づいて、[Local] (ローカル)を選択するか、またはリモートアドレスを指定します。
    警告: [Remote] (リモート)オプションを選択した場合は、リモートポートでDockerデーモンが開始していることを確認します。
  7. Dockerイメージ名とイメージタグを指定します。
    デフォルトでは、イメージ名はプロジェクト名とジョブ名から取得され、イメージタグはジョブのバージョンから取得されます。新しい名前とタグをここで指定するか、またはプロジェクト設定でデフォルト設定をグローバルにカスタマイズできます。詳細は、Dockerイメージビルドの設定をカスタマイズを参照してください。
    警告: Dockerイメージ名には、アンダースコア文字は使用できません。したがって、Dockerイメージ名の値にアンダースコア文字が含まれていないことをご確認ください。
  8. [Finish] (終了)をクリックしてマイクロサービスDockerイメージをビルドします。

タスクの結果

これで、ジョブがESB Dockerイメージ用のマイクロサービス(Spring-Boot)としてビルドされ、Dockerエンジン上で実行できる状態になりました。