ジョブをESB用のOSGIバンドルとしてビルドする - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

[Build Job] (ジョブのビルド)ダイアログボックスで選択ジョブをOSGIバンドルとしてビルドし、ジョブを[Talend ESB Container] (Talend ESB Container)内にデプロイするためにビルドタイプを変更できます。

注: ESBコンポーネントを少なくとも1つ含むジョブである場合のみ、ジョブをESB用のOSGIバンドルとしてビルドできます。

手順

  1. 複数バージョンのジョブが作成されている場合、[Job Version] (ジョブバージョン)エリアでビルドするジョブのバージョン番号を選択します。
  2. [Build type] (ビルドタイプ)エリアで[OSGI Bundle For ESB] (ESB用OSGIバンドル)を選択して、ジョブをOSGIバンドルとしてビルドします。
    ビルドの拡張子は、Talend ESB Containerで予想されているように、自動的に.jarに変更されます。
  3. ビルドされたジョブを再ビルドしてMaven型のJARにする場合には、[Options] (オプション)エリアの[Add maven script] (Mavenスクリプトの追加)チェックボックスをオンにして、必要なMavenスクリプトをターゲットアーカイブに含めます。この場合のスクリプトは.zipファイルです。
  4. [Browse...] (参照...)ボタンをクリックしてジョブをビルドするフォルダーを指定します。
  5. [Finish] (終了)をクリックしてジョブをビルドします。