ツールの総合的なセット - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Talendから提供されているMDMソリューションは、ツールとファンクションの総合的なセットで構成されており、その多くはTalend Studioという名前の単一のインターフェイスからアクセスできます。

Talend Studioの内容は以下のとおりです。

  • Integrationパースペクティブから使用できるデータ統合機能。マスターデータを幅広いソースから統合できるようにする機能です。これによって画期的でパワフルなデータ統合ソリューションが実現し、何百ものELT/ETLコネクターにより、複数のソースとのインタラクションやエンタープライズシステムの同期が可能になります。Integrationパースペクティブから、データの一括ロードを許可する専用のコンポーネントグループを使用して、さまざまなジョブをデザインできます。さらに、MDMのイベント管理とTalendジョブはare 緊密に連携しているため、ユーザーはTalend Studio内からジョブを呼び出して、MDMハブ内でデータを検証、訂正、またはプロパゲートできます。

  • Profilingパースペクティブから使用でき、MDMハブにロードする前にソースデータのプロファイリングおよびクレンジングを可能にするデータプロファイリングおよびクオリティ機能。これが、社内のマスターデータクオリティを高水準に保つことを保証してくれます。Profilingパースペクティブから、MDMハブにロードする前に、さまざまなソースからのデータのプロファイリングおよびクリーニングを行うことができます。

  • MDMパースペクティブから使用できるマスターデータ管理機能。必要なビジネスルールやデータルールを用いてデータモデルをビルドし、データの1つのマスターコピーを作成でき、そのデータはソースとターゲットシステムにプロパゲートバックされます。

  • Talend Data Stewardshipを通じてTalend MDM Web UI内に提供されているデータレゾリューション機能は、さまざまなデータソースからのマッチングオペレーションに続いて到着するレコードを処理します。また、ゴールデンマスターデータレコードに追いつくために決定を下す必要がある場合にも役立ちます。

  • BPMパースペクティブから使用できるワークフローエディター。一連の操作を定義し、レイアウトし、グラフィック形式で共有できるワークフローをデザインします。

Talend Studio1つのツールでデータ統合、データプロファイリング[and Data Quality] (およびデータクオリティ)とマスターデータ管理機能をバンドルし、完全なデータライフサイクルの管理を可能にします: データ統合から品質保証、さらにはマスターデータとガバナンスの識別まで。