接続を作成する - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

始める前に

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開し、[DB Connections] (DB接続)を右クリックして、[Create DB Connection] (DB接続の作成)を選択します。
    [Database Connection] (データベース接続)ウィザードが開きます。
  2. [Name] (名前)フィールドに、この新規データベース接続の名前を入力します。
    接続名にはスペースを使用しないでください。
    注:

    項目の名前には次の特殊文字は使用しないでください。

    "~", "!", "`", "#", "^", "&", "*", "\\", "/", "?", ":", ";", "\"", ".", "(", ")", "'", "¥", "'", """, "«", "»", "<", ">"

    ファイルシステムでは、これらの文字はすべて"_"に置き換えられ、重複する項目が作成されてしまう場合があります。

  3. 必要に応じて、該当するフィールドでその他の接続メタデータ(目的、説明、作成者名)を設定し、[Next] (次へ)をクリックして次の手順に進みます。
  4. [DB Type] (DBタイプ)フィールドのドロップダウンリストから、接続するデータベースのタイプ(たとえばMySQL)を選択します。選択したデータベースタイプが Profiling パースペクティブで使用できない場合は警告メッセージが表示されます。
    サポートされているデータベースの詳細は、Talendインストールガイドを参照してください。
    注: Studioでサポートされていないデータベースへの接続を(ODBCメソッドまたはJDBCメソッドを使って)選択した場合は、Javaエンジンを使い、選択したデータベースに作成したカラム分析を実行することをお勧めします。カラム分析の詳細は、分析するカラムの定義とインジケーターの設定を参照してください。Javaエンジンの詳細は、JavaエンジンまたはSQLエンジンの使用を参照してください。
  5. [DB Type] (DBタイプ)フィールドのドロップダウンリストから、接続するデータベースのタイプ(たとえばMySQL)を選択します。選択したデータベースタイプが Profiling パースペクティブで使用できない場合は警告メッセージが表示されます。
    サポートされているデータベースの詳細は、Talendインストール&アップグレードガイドを参照してください。
    Studioでサポートされていないデータベースへの接続を(ODBCメソッドまたはJDBCメソッドを使って)選択した場合は、Javaエンジンを使い、選択したデータベースに作成したカラム分析を実行することをお勧めします。カラム分析の詳細は、分析するカラムの定義とインジケーターの設定を参照してください。Javaエンジンの詳細は、JavaエンジンまたはSQLエンジンの使用を参照してください。
  6. [DB Version] (DBバージョン)フィールドで、接続を作成しているデータベースのバージョンを選択します。
  7. ログイン、パスワード、サーバー、ポート情報をそれぞれのフィールドに入力します。
    必要に応じて、ボタンをクリックすると、ウィザードをスクロールダウンしなくても、接続フィールドがすべて表示されます。
  8. [Database] (データベース)フィールドに、接続するデータベースの名前を入力します。1つの接続ですべてのカタログに接続する必要があり、データベースでそれが許可される場合は、このフィールドを空白にしておきます。
  9. 接続が正しく行われたかどうかを確認するには、[Check] (チェック)ボタンをクリックします。
    データベースを使用するために必要なデータベースドライバー(.jarファイル)をまだインストールしていない場合、ウィザードにより、該当するサードパーティモジュールをインストールするよう指示されます。指示されたら、[Download and Install] (ダウンロードとインストール)をクリックし、ウィザードを閉じます。
    外部モジュールの識別とインストールの詳細は、 インストール&アップグレードガイド) 『』を参照するか、またはウィザードの「ドライバーリンクをインストールする方法」を参照してください。
    [Module] (モジュール)ビューの詳細は、モジュールビューの表示を参照してください。
  10. 必要であれば接続をコンテキストとしてエクスポートし、Studioの Integration パースペクティブの[Contexts] (コンテキスト)ノードの下で一元管理します。これにより、現在の接続を使用するデータクオリティ分析でこのコンテキストを再利用できます。同じ接続に異なるコンテキストパラメーターを作成し、後で特定のコンテキストで分析を実行するように選択することもできます。詳細は、コンテキスト変数を使用したデータソースへの接続を参照してください。
  11. [Finish] (終了)をクリックして、[Database Connection] (データベース接続)ウィザードを閉じます。
    作成したデータベース接続のフォルダーが[DQ Repository] (DQ リポジトリー)ツリービュー[DB Connection] (DB接続)の下と、 Integration パースペクティブの[Metadata] (メタデータ)ノードの下に表示されます。接続エディターが開き、Talend Studioで定義されたメタデータが示されます。
  12. 参照プロジェクトでこの接続を作成した後は、[Tables] (テーブル) > (テーブル名) > [Columns] (カラム)と展開します。
    参照プロジェクトのカラムを展開すれば、メインプロジェクトからのカラムを選択できます。

タスクの結果

接続を作成した後は、Talend Studioで特定のデータベーステーブルのデータのプレビューを開くことができます。詳細は、SQLエディターでのデータのプレビューを参照してください。

接続エディターで、次の操作が実行できます。

  • 関連するデータベースの接続パラメーターを表示するには、[Connection information] (接続情報)をクリックします。

  • 現在の接続のステータスを確認するには、[Check] (チェック)ボタンをクリックします。

  • 接続ウィザードを開き、接続情報を変更するには、[Edit...] (編集...)ボタンをクリックします。

ファイルへの接続を設定する方法の詳細は、ファイルへの接続を参照してください。