ワークフロータスクにカスタマイズフォームを作成する - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

データスチュワードが自身に割り当てられたワークフローを承認するためにTalend MDM Web UIにアクセスすると、自動生成されたフォーム"デフォルトフォーム"内にタスクの詳細が表示されます。ただし、自動生成フォームの代わりに、カスタマイズフォームをデザインする方法があります。

Talend StudioBPMパースペクティブから、人手による介入を必要とするあらゆるワークフロータスクに、カスタマイズフォームを作成できます。後でデータスチュワードがTalend MDM Web UIでこのタスクの自動生成フォームにアクセスすると、BPMパースペクティブ内で定義したフォームで生成されたカスタマイズWebアプリケーションにジャンプできます。詳細は、Talend MDM Web UIユーザーガイドを参照してください。

始める前に

Talend StudioからMDMサーバーに接続されていること。少なくとも1つのワークフローが作成済みであること。

このタスクについて

ワークフロータスクにカスタマイズフォームを作成する次の手順は、 MDMデモプロジェクトに基づいて説明されています。

手順

  1. Talend Studio BPM パースペクティブでワークフローを開きます。
  2. 人手による介入を必要とするステップ(この例ではPrice Request)を選択します。
    選択したステップに関する一般情報が[General] (一般)パネルに表示されます。
  3. [Execution] (実行)パネルに移動し、[Form] (フォーム)タブをクリックし、[UI Designer] (UI デザイナー)オプションを選択します。
  4. [Target form] (ターゲットフォーム)ドロップダウンリストの下部で[Create a new form...] (新しいフォームの作成...)をクリックすると、ブラウザーにフォームエディターが開きます。このエディターで、関連するウィジェットを使用してカスタマイズフォームを定義できます。
  5. 必要に応じて、ページ上部のテキストフィールドでフォーム名を変更します(この例ではRequestNewPriceForm)。
  6. 必要に応じて、フォーム名フィールドの横にあるフォーム情報ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスで、対応する各フィールドにフォームのメタデータ情報を指定します。
  7. [VARIABLES] (変数)エリアで、カスタマイズフォームで使用する必要のある変数を指定します。この例では、次の4つの変数が追加されます:
    • formOutput: ワークフローに新しい製品価格を返します。タイプはJavascript expressionで、値はreturn {'c_productPrice': $data.productPrice.value};です。
    • productName: 製品名の値をMDMから取得します。これは外部APIタイプ変数で、値はmdm_context API URL ../API/extension/mdmcontext?xpath=Product%2FName&taskId={{taskId}}に設定されています。ここでProduct%2FNameは製品名エレメントのxPathを表しており、%2Fは文字/のHTML URLエンコーディング値です。
    • productPrice: 製品価格の値をMDMから取得します。これは外部APIタイプ変数で、値はmdm_context API URL ../API/extension/mdmcontext?xpath=Product%2FPrice&taskId={{taskId}}に設定されています。ここでProduct%2FPriceは製品価格エレメントのxPathを表しており、%2Fは文字/のHTML URLエンコーディング値です。
    • taskId: タスクのIDを取得します。これはURL parameterタイプの変数です。
  8. [Container] (コンテナー)エリアで、必要な数のウィジェットを追加します。この例では、製品名と製品価格だけがカスタマイズフォームに表示され、次の2つのフィールドが追加されます:
    • Product Name: 読み取り専用の入力ウィジェットで、productName変数値はproductName.valueです。
    • Enter New Price: 書き込み可能な入力ウィジェットで、productPrice変数値はproductPrice.valueです。

    カスタマイズフォームを定義する方法の詳細は、https://help.talend.com/access/sources/content/topic?pageid=design_customized_form_using_workflow_form_designer&EnrichVersion=7.3&afs:lang=jaを参照してください。

  9. カスタマイズフォームを保存して閉じ、ワークフローに戻ります。
    カスタムフォームには明示的なデプロイアクションがありません。リンク先のワークフローをデプロイすると同時に、カスタムフォームをデプロイします。

タスクの結果

ワークフロータスクのカスタマイズフォームを定義してデプロイすれば、データスチュワードまたはビジネスユーザーがTalend MDM Web UIにアクセスした時に、カスタマイズフォームでワークフロータスクが表示されます。