クエリーの作成 - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

[SQL Builder] (SQLビルダー)エディターは複数のタブを持つエディターで、必要な数だけクエリーを記述したりグラフィカルにデザインできます。

新しいクエリーを作成するには、次の手順に従います。

手順

  1. テーブルまたはテーブルのカラムを右クリックして、ポップアップリストで[Generate Select Statement] (Selectステートメントの生成)を選択します。
  2. デフォルトで表示される空のタブをクリックして、SQLクエリーを入力するかCtrl+スペースを押してオートコンプリートリストにアクセスします。ツールヒントのポップアップに、検索するテーブルまたはテーブルセクションの全体パスが表示されます。
    また、グラフィカルなクエリー[Designer] (デザイナー)を使用すると、[Edit] (編集)タブでテーブルを簡単に処理して対応するクエリーをリアルタイムで生成できます。
  3. [Designer] (デザイナー)タブをクリックして、手動の[Edit] (編集)モードからグラフィカルモードに切り替えます。
    注:

    ビューを別のビューに切り替える時に、一部のSQLステートメントはグラフィカルに解釈できないというメッセージが表示される場合があります。

  4. テーブルを選択すると、すべてのカラムがデフォルトで選択されます。選択から除外するには、該当するカラムのチェックボックスをオフにします。
  5. 右クリックするだけで、さらにテーブルが追加されます。[Designer] (デザイナー)ビューで、右クリックしてポップアップリストで[Add tables] (テーブルの追加)を選択し、追加する該当のテーブルを選択します。
    これらのテーブル間に結合が既に存在する場合、結合はエディターで自動的にグラフィカルにセットアップされます。
    テーブル間の結合の作成も非常に簡単です。リンクする最初のテーブルのカラムを右クリックして、ポップアップリストで[Equal] (=)を選択し、それを2番目のテーブルの該当するフィールドと結合します。
    グラフィカル処理に対応するSQLステートメントはエディターのビューアーの部分にも表示されます。また、[Edit] (編集)タブをクリックすると、手動の[Edit] (編集)モードに戻ります。
    注:

    [Designer] (デザイナー)ビューでは、フィルター条件をグラフィカルに入力することはできません。[Edit] (編集)ビューで追加する必要があります。

  6. クエリーが完成したら、ツールバーの アイコンをクリックして実行します。
    クエリーエディターのツールバーを使用すると、実行、開く、保存、消去などの一般的なコマンドにすばやくアクセスできます。
    左下の[Results] (結果)ビューに、アクティブなクエリーの結果が表示されます。
  7. 必要に応じて、[context mode] (コンテキストモード)チェックボックスをオンにして、元のクエリーステートメントをそのままにし、コンポーネントの[Query] (クエリー)エリアでそれを正しくカスタマイズできます。たとえば、クエリーステートメントでコンテキストパラメーターを使用する場合、ツールバーでアイコンをクリックして実行することはできません。
  8. [OK]をクリックします。クエリーステートメントは、コンポーネントの[Query] (クエリー)エリアに自動的にロードされます。