ユーザールーチンの作成 - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
特定の解析ニーズに従って、専用のルーチンを作成できます。

手順

  1. TalendのR2021-03以降のStudio月次アップデートがインストール済みで、グローバルユーザールーチンを作成する必要がある場合は、[Code] (コード) > [Global Routines] (グローバルルーチン)を右クリックし、コンテキストメニューから[Create Routine] (ルーチンを作成)を選択します。
    [Global Routines] (グローバルルーチン)ノードを右クリックし、[Create folder] (フォルダーを作成)を選択すると、そのノードの下にフォルダーを作成できます。フォルダーはグローバルユーザールーチンの分類に役立ちます。
  2. TalendのR2021-03以降のStudio月次アップデートがインストール済みで、カスタムルーチンjar内の内部ルーチンを作成する必要がある場合は、[Code] (コード) > [Custom Routine Jars] (カスタムルーチンJar)の下のカスタムルーチンjarを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Routine] (ルーチンを作成)を選択します。
  3. TalendのR2021-03以降のStudio月次アップデートをインストールしていない場合は、[Repository] (リポジトリー)ツリービューにある[Code] (コード) > [Routines] (ルーチン)を右クリックし、[Create Routine] (ルーチンを作成)を選択します。
    [Routines] (ルーチン)ノードを右クリックし、[Create folder] (フォルダーを作成)を選択すると、そのノードの下にフォルダーを作成できます。フォルダーはユーザールーチンの分類に役立ちます。
  4. 表示される[New Routine] (新規ルーチン)ダイアログボックス内に、[Name] (名前)[Purpose] (目的) (オプション)、[Description] (説明) (オプション)などの新しいルーチンの一般的なプロパティを入力します。
    [Description] (説明)フィールドに入力した情報は、[Repository] (リポジトリー)ツリービュー内のルーチンにマウスポインターを移動するとツールヒントとして表示されます。
  5. [Finish] (終了)をクリックします。
    新しく作成されたルーチンは[Repository] (リポジトリー)ツリービューに保存されます。ルーチンエディターが開き、デフォルトでモデルルーチンが示されます。これには、青色の説明文と対応するコードで構成されるサンプル関数が含まれます。
    注: ルーチンにある各関数の詳細な説明を追加することをお勧めします。説明には、一般に、使用が予期される入力および出力パラメーター、戻される結果、例を含める必要があります。この情報は、共同作業やルーチンの保守で役立つことがあります。
  6. 関数サンプルを変更または自身のコードで置き換え、Ctrl + Sを押して変更を保存します。それ以外の場合、ルーチンはルーチンエディターを閉じた時に自動的に保存されます。
    注: Ctrl + CコマンドおよびCtrl + Vコマンドを使用して、システムルーチンのコードのすべてまたは一部をコピーしてユーザールーチンで使用し、ニーズに従ってコードを適合させることができます。