ジョブ、ルート、またはサービスのデプロイをカスタマイズ - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

[Job] (ジョブ) または[Services] ビューを使用して、デプロイ情報をアーティファクトリポジトリーに公開する前にカスタマイズできます。これには、グループIDやジョブ、ルート、またはサービスのデプロイバージョンが含まれます。

手順

  1. デプロイ情報をカスタマイズするジョブ、ルート、またはサービスを開きます。
  2. [Job] (ジョブ) または[Services] (サービス) タブをクリックし、[Deployment] (デプロイ)垂直タブを選択します。
  3. 必要に応じて、ジョブ、ルート、またはサービスのデプロイ情報をカスタマイズします。
    • ジョブ、ルート、またはサービスのグループIDをカスタマイズするには、[Use Custom GroupId] (カスタムGroupIdの使用)チェックボックスをオンにして、ジョブ、ルート、またはサービスを公開するグループの名前を入力します。

      公開された時に、ジョブ、ルート、またはサービスがルートノードである場合は、そのデフォルトグループIDはアーティファクトリポジトリーの環境設定で定義したものになります。ジョブ、ルート、またはサービスがルートノードでない場合は、フォルダー構造がデフォルトグループIDとして使用されます。

    • ジョブ、ルート、またはサービスのデプロイバージョンをカスタマイズするには、[Use Custom Version] (カスタムバージョンを使用)チェックボックスをオンにして新しいバージョンを入力します。

      デフォルトでは、デプロイバージョンはジョブ、ルート、またはサービスのバージョン、またはプロジェクト設定でジョブまたはルートに設定したデプロイバージョンです。

    • ジョブ、ルート、またはサービスのスナップショットバージョンを公開するには、[Publish as Snapshot] (スナップショットとして公開)チェックボックスをオンにします。リリースバージョンを公開するには、このチェックボックスをオフにします。