システムルーチンのカスタマイズ - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
システムルーチンが特定のニーズに適合されていない場合は、ユーザールーチンにコンテンツをコピーして貼り付けた後に、必要に応じてコンテンツを変更してルーチンをカスタマイズできます。

このタスクについて

システムルーチンをカスタマイズするには、次の手順に従います。

手順

  1. ユーザールーチンの作成で説明されている手順に従い、ユーザールーチンを作成します。
    ワークスペースでルーチンエディターが開きます。ここで関数の基本的な例を確認できます。
  2. システムルーチンフォルダーで、カスタマイズしたいシステムルーチンをダブルクリックします。
  3. コードをすべてまたは一部選択し、Ctrl + Cを使用してコピーします。
  4. タブをクリックしてユーザールーチンにアクセスし、Ctrl+Vを押してコードを貼り付けます。
  5. 必要に応じてコードを変更し、Ctrl+Sを押して保存します。
    入力および出力パラメーターの詳細がわかるように記述的テキストを使用することをお勧めします。これにより、ルーチンの管理と再利用が容易になります。