XMLのデコード - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

このステップでは、 デコードメカニズムを使用して、ジョブに送信する前にエスケープファンクションをXMLドキュメントから削除しようとしています。

手順

  1. 2番目のステップをクリックして[Step Specifications] (ステップ仕様)エリアを表示し、そこでステップパラメーターを定義します。
    注: [Step Specification] (ステップ仕様)エリアで[Disable] (無効化)チェックボックスをオンにすれば、開いているプロセスエディターで選択したステップをいつでも無効にできます。
  2. [Plugin name] (プラグイン名)リストからcodecを選択します。
    選択しているプラグインの説明が、[Plugin name] (プラグイン名)フィールドの上にあるボックスに表示されます。
    注: ボタンをクリックすると、プラグインとそのパラメーターの詳細を説明するダイアログボックスが表示されます。
  3. 前のステップで定義したitem_xml変数をこのステップlaw_text入力パラメーターにマップし、ボタンをクリックしてテーブルに追加します。
  4. このステップ出力パラメーターを新しい変数(たとえばdecode_xml)にマップし、ボタンをクリックしてテーブルに追加します。
    注: ステップごとにいずれかのデフォルト変数を選択するか、直前のプラグインで定義した変数の1つを定義します。
  5. [Parameters] (パラメーター)エリアで、定義を次のように入力します。
    <parameters>
    	<method>DECODE</method>
    	<algorithm>XMLESCAPE</algorithm>
    </parameters>
    警告: テキストエディターで入力したテキストは、保存時にデフォルトでインデントされます。これにより、[Smart View] (スマートビュー)プロセスの作成時にHTMLのフォーマットなどで特定の問題が発生することがあります。必要に応じて、[Auto-indent] (自動インデント)チェックボックスをオフにして、プロセスの保存時にテキストのインデントを無効にします。

タスクの結果

今のところ、プロセスの最初のステップは、完全なXMLレコードと共にitem_xml変数を生成します。このステップはitem_xmlをcodecプラグインlaw_text入力パラメーターに送ります。codecプラグインはXMLをアンエスケープし、出力変数を使用して結果をdecode_xmlにポストします。そのため、最後のステップ(ジョブの呼び出し)に送信されるdecode_xmlドキュメントが準備されるようになりました。