BPMパースペクティブTalendでのコネクターの定義 - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

ワークフローには、ワークフローを完了させるための一連のタスク(ステップ)が含まれています。通常、これらのタスクではマスターデータを自動的に処理するか、手動による処理を行います。

ワークフローとマスターデータの間の接続を確立するには、1つ以上の定義されたタスクにTalendコネクターを接続する必要があります。その後のTalendコネクターを追加するステップは、自動的に処理するタスクと、手動による処理を行うタスクで同じになります。

MDMサーバーからマスターレコードを取得するために使用できるTalend MDMコネクターには、TalendMDMProcedureSearchTalendMDMViewSearchTalendMDMXPathSearchが含まれます。マスターレコードの更新に使用できるTalend MDMコネクターには、TalendMDMContextConnectorTalendMDMConnector、時折JobLauncherが含まれます。

以下の表は、利用可能なTalendコネクターによる処理を示しています:

Talendコネクター

説明

Job Launcher (ジョブランチャー)

ワークフローでTalendジョブを起動します。

Talend MDMContextConnector

Talend MDMのレコードを作成または更新します。

Talend MDMConnector

特定のビジネスエンティティのマスターデータレコードを更新します。

Talend MDMProcedureSearch

エンティティで検索を実行し、検索結果を取得するストアドプロシージャーを起動します。

Talend MDMViewSearch

MDMビューを検索し、結果を取得します。

Talend MDMXPathSearch

xpathクエリーを実行し、結果を取得します。

以下のセクションでは、ワークフローと更新が必要なマスターデータレコードの間の接続を確立する[TalendMDMContextConnector]をタスクに添付する方法の例が挙げられます。

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、少なくとも1つのワークフローが存在すること。

このタスクについて

タスクにTalendコネクターを添付してタスクを自動的に処理するには、以下のようにします:

手順

  1. BPMパースペクティブで、ワークフローを開いた後、コネクターを追加したいタスクをクリックします。この例では、[Submit New Price] (新しい価格の送信)タスクが選択されています。
  2. パースペクティブの下の[Execution] (実行)ビューで、[Connectors out] (コネクターアウト)タブをクリックして、対応するビューを開きます。
  3. [Add] (追加)をクリックして次の手順であるコネクターの選択に進みます。
  4. [Categories] (カテゴリー)リストから[Talend MDM]を選択し、特定のタスクに添付したいコネクターを選択します。この場合、Productビジネスエンティティのマスターデータを更新するコネクターを追加する必要があります。
    注: 利用可能な[Talend MDM]コネクターでは、特定のビジネスエンティティのマスターデータレコードの更新、TalendMDMでのレコードの作成/更新、ストアドプロシージャーの検索、MDMビューによる検索、という4種類の処理が可能です。以下のステップは、選択したオプションによって異なります。
  5. [Next] (次へ)をクリックして次のステップに進みます。コネクターパラメーターを設定します。
  6. [Name] (名前)フィールドに、選択したタスクに追加する新しいコネクターの名前を入力します。
    必要に応じて、[Description] (説明)フィールドに説明を設定します。
    [Select event] (イベントの選択)エリアで、コネクターの開始に使用するオプションを選択します。
    注: 利用可能オプションは、定義されたコネクターを開始するタスクのライフサイクルにおける各種ステップを表しています。手動による処理を必要とするタスクでは、定義されたコネクターを開始するための追加のステップ、つまりstart(開始)suspend(一時停止)およびresume(再開)を含めることができます。
    [If connector fails...] (コネクターが失敗した場合)フィールドで、接続が失敗した場合の適切な手順を選択します。
  7. [Next] (次へ)をクリックし、次のステップであるMDMサーバーへの接続パラメーターの設定に進みます。
  8. MDMサーバーのエンドポイントURLを選択/入力します。
    デフォルトでコネクターではワークフローを実行している現在のユーザーの認証情報が使用されます。たとえば、現在のユーザーにエンティティ値への書き込みアクセス権がない場合など、一部の自動タスクが正しく実行されない場合があるため、[User] (ユーザー)フィールドと[Password] (パスワード)ボックスには代わりに使用する特定の認証情報を入力できます。
    注: [Save] (保存)ボタンをクリックすると、現在のコネクター設定を保存して再利用できます。
    [Next] (次へ)をクリックして次のステップに進みます。
  9. ビジネスエンティティで同じ属性の複数のオカレンスが定義されていて、ワークフローでは新しいオカレンスのみ更新する場合は、[Partial Update] (部分更新)チェックボックスをオンにできます。[Partial Update] (部分更新)チェックボックスをオンにした場合、同じキーまたはポジションを持つエレメントが既に存在する場合は、[Overwrite] (上書き)チェックボックスをオンにしてエレメントを置き換えるか、[Overwrite] (上書き)チェックボックスをオフにして新しいエレメントを追加します。
  10. 必要に応じて、[Save] (保存)ボタンをクリックし、現在のコネクター設定を保存して再利用できます。
  11. [Finish] (終了)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    新しいTalendコネクター設定が、[Connectors] (コネクター)ビューのコネクターのリストに追加されます。