手動で選択したアイテムをMDMサーバーにデプロイする - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

MDMサーバーにデプロイするアイテムを手動で選択するには、以下のようにします:

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、デプロイするアイテムを右クリックし、以下のデプロイオプションの1つをクリックします。
    • [Deploy To...] (デプロイ先): 使用可能なサーバーのリストからアイテムをデプロイするMDMサーバーを選択する場合

    • [Deploy To Last Server] (前回のサーバーにデプロイ): 最近のデプロイアクションに使用したサーバーを再利用する場合

    • [Update Server] (サーバーの更新): 前の手順の説明に従い、サーバー更新ダイアログボックスを開く場合

    注: 使用できるデプロイオプションは、デプロイするアイテムのタイプに応じて、さらに、アイテムのデプロイが初回かどうか、またはアイテムがサーバーにデプロイ済みかどうか、によって異なります。
    注: 複数のアイテムを同時にデプロイする場合は、Ctrlキーを押したまま、デプロイする各アイテムをクリックします。
  2. ダイアログボックスが表示され、選択したアイテムに依存項目を追加できます。

    選択したアイテムの依存項目を追加するには、[Add Dependencies] (依存項目の追加)ボタンをクリックします。

    すべてのアイテムの依存項目が追加されるまで[Add Dependencies] (依存項目の追加)ボタンを複数回クリックする方法と、[Add All Dependencies] (すべての依存項目を追加)ボタンをクリックしてすべてのアイテムの依存項目を1回の操作で追加する方法とがあります。

    次に、[Continue] (続行)をクリックします。

    アイテムの依存項目の詳細は、MDMリポジトリーのアイテムの依存項目の管理を参照してください。

  3. 該当する場合は、[Select server location definition] (サーバーロケーションの定義を選択)ウィンドウで、アイテムのデプロイ先とするサーバーを選択します。
  4. [Deploy to Talend MDM] (Talend MDMへのデプロイ)ウィンドウで、[Context scripts] (コンテキストスクリプト)チェックボックスをオンにしたままにします。
  5. [Finish] (終了)をクリックしてアイテムをデプロイします。