入力ルートコンポーネントからドラッグして出力コンポーネントを追加する - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

ここで、メッセージ交換のログを記録するために3番目のコンポーネント、cLogを追加します。cSetBodyコンポーネントからドラッグすることでコンポーネントを追加します。このコンポーネントは、追加する新しいコンポーネントに対する入力コンポーネントとして機能します。

手順

  1. cSetBodyコンポーネントをクリックし、表示される矢印アイコンをデザインワークスペースにドラッグ&ドロップします。
    テキストフィールドとコンポーネントリストが表示されます。コンポーネントリストには、入力コンポーネントに接続できるすべてのコンポーネントが表示されます。
  2. 検索を絞り込むには、追加するコンポーネントの名前または名前の一部をテキストフィールドに入力します。あるいは、名前が不明の場合はコンポーネントの機能を説明する語句を入力します。次に、コンポーネントリストに記載されている目的のコンポーネント(この例ではcLog)をダブルクリックして、デザインワークスペースに追加します。新しいコンポーネントは、[Row] (行)> [Route] (ルート)接続を使用して入力コンポーネントcSetBodyに自動的に接続されます。
    注:
    • ファジー検索のキーワードに説明的な語句を使用する場合は、[Preferences] (環境設定) > [Palette Settings] (パレット設定)ビューで、[Also search from Help when performing a component searching] (コンポーネント検索の実行時はヘルプも検索する)チェックボックスを必ずオンにしてください。詳細は、パレットの環境設定(Talend > パレット設定)を参照してください。
    • コンポーネント名にプレフィックス文字がない場合もあります。したがって、コンポーネントをその名前で検索する場合は、シンプルにメインBodyを指定する方法がベストプラクティスとなります。