イベント管理 - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

イベント管理とリアルタイム統合は、マスターデータ管理の重要な部分です。Talend MDMには、専用のMDMオブジェクトにより、両方の機能が提供されています。

  • Talend Studio[Event Manager] (イベントマネージャー)は、MDM Hubで発生する"イベント"を継続的に"リッスン"します。

  • MDM Hubでデータの変更、追加、または削除が行われると、イベントが発生します。

  • Talend MDMは、イベント監査ログ情報を収集する更新レポートでイベントをキャプチャーします。

  • イベントがこのトリガー実行条件に一致すると、トリガーによってプロセスが開始されます。

  • 通常は Talend ジョブを実行するアクションであるプロセスが、トリガーによって開始されます。

MDM Hub内のイベントはすべて、 Talend Studio内に更新レポートを生成します。このレポートは、イベント監査ログ情報を収集します。この情報には、アクションのタイプ(作成、削除、更新)、アクションを実行したユーザー、アクションのソース(ジョブ、Talend MDM Web UIワークフロー、その他)、変更された属性と旧/新の値、最後にアクションのタイムスタンプが含まれます。更新レポートはその他のマスターデータと同様にXMLドキュメントとしてTalend MDMに保存されますが、事前定義された、静的データモデルと共に保存されます。

更新レポートにアクセスするには、次の手順に従います。

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで[Data Container - System] (データコンテナー - システム)を展開し、UpdateReportをダブルクリックします。

    ダイアログボックスが表示されます。

    イベントレコードのキーは、MDMサーバーの動作モードによって異なります。

    • スタンドアロンモードの場合、キーはレコードのSource値とTimeInMillis値で構成され、genericUI.1552964721309のようにピリオドで連結されています。
    • クラスターモードの場合、キーはレコードのUUID値です。たとえば、814da0a4-1c55-453d-bfab-312c2d8e2165のようになります。
  2. 必要に応じて、表示する更新レポートをフィルタリングするパラメーターを設定し、アイコンをクリックして、MDM Hub内のマスターデータに、実行されたイベントのリストを表示します。

  3. イベントのいずれかをダブルクリックして、ダイアログボックスを表示します。ここには、選択したイベントに関する詳細な監査ログ情報が表示されます。

  4. 必要に応じて[Source] (ソース)をクリックし、XMLドキュメント内にログ情報を表示します。

以降のセクションでは、イベント管理メカニズムに含まれているプロセスとトリガーについて詳しく説明します。