データプロファイリング項目のエクスポート - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

分析、データベース接続、パターン、インジケーターなどのデータプロファイリング項目を、Studioの現在のインスタンスから別のStudioのルートディレクトリーまたはアーカイブファイルにエクスポートできます。

注: Profiling パースペクティブからのエクスポート操作では、たとえば分析で使用した分析、レポート、接続メタデータ、パターンなど、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューにリスト表示されているデータプロファイリング項目のみをエクスポートします。 Integration パースペクティブから実行されるエクスポート操作では、[Repository] (リポジトリー)ツリービューにリスト表示されているデータクオリティコンポーネントを含むジョブをエクスポートできます。これらのジョブをエクスポートする場合、データクオリティコンポーネントで使用されるパターンや接続メタデータなどの依存項目もエクスポートされます。

始める前に

Talend Studio Profiling パースペクティブで、データプロファイリング項目が少なくとも1つ作成されていること。

手順

  1. 次のいずれかの手順を実行します。
    • [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの任意の場所を右クリックして、[Export Items] (項目のエクスポート)を選択します。または、
    • ツールバーのアイコンをクリックして、[Export Items] (項目のエクスポート)を選択します。
    [Export Item] (項目のエクスポート)ウィザードが表示されます。
  2. ルートディレクトリーまたはアーカイブファイルオプションを選択してから[Browse...] (参照...)をクリックして、データプロファイリング項目をエクスポートするディレクトリー/アーカイブを参照します。
  3. エクスポートするデータプロファイリング項目のチェックボックスをオンにします。また、[Select All] (すべて選択)または[Deselect All] (すべて選択解除)タブを使用することもできます。
    項目を選択してエクスポートする時は、以下のような特定の動作が適用されます。
    アクション 効果 詳細
    分析チェックボックスの選択 この分析で使用されるメタデータ接続、コンテキスト、パターンやインジケーターといった分析依存項目はすべてデフォルトで選択されます。 依存項目が見つからないというエラーメッセージがダイアログボックスの上部に表示される場合は、[Include dependencies] (依存項目を含める)ボタンをクリックしてください。これによって、選択したデータプロファイリング分析に必要な項目のチェックボックスがすべて自動的に選択されます。
    参照プロジェクトからの分析のエクスポート 分析項目がすべてエクスポートされます。
    メインプロジェクトからの項目の選択 参照プロジェクトからの項目を利用できます。エクスポートする項目を選択してください。 たとえばメインプロジェクトからの分析が参照プロジェクトにある接続に依存している場合、この接続は[Export item] (項目のエクスポート)ウィザードでは選択されません。ユーザーはこの接続を選択する必要があります。この場合、[Include dependencies] (依存項目を含める)ボタンをチェックしても効果はありません。
    参照プロジェクトの詳細は、参照プロジェクトを使って作業を参照してください。
  4. 必要に応じて、[Browse] (参照)チェックボックスをオンにして、エクスポートリストに選択されたデータプロファイリング項目のみを含めることができます。
  5. [Finish] (終了)をクリックして操作を確定します。
    エクスポート操作の進行状況を示すバーが表示され、データプロファイリング項目は、指定された場所にエクスポートされます。