MDM パースペクティブでワークフロープロセスをエクスポートする - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Talend Studioから1つまたは複数のワークフローをエクスポートし、2つの異なるMDMサーバーまたはリポジトリーの間で交換できます。

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、少なくとも1つのワークフローが存在すること。

このタスクについて

[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、[Workflow] (ワークフロー)ノードを右クリックして、コンテキストメニューから[Export Items] (アイテムのエクスポート)を選択します。

[Export Repository items] (リポジトリーアイテムのエクスポート)ダイアログボックスが表示されます。デフォルトで[Workflow] (ワークフロー)チェックボックスがオンになっています。

1つまたは複数のワークフローをフォルダーにエクスポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. [Select root directory] (ルートディレクトリーの選択)オプションを選択し、オプションの横にある[...]ボタンをクリックします。
  2. ダイアログボックスが表示されます。ワークフローを保存する場所に移動し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    ターゲットフォルダーへのパスが、選択したオプションの横にあるフィールドに表示されます。
  3. [Export Repository items] (リポジトリーアイテムのエクスポート)ダイアログボックスで[Finish] (終了)をクリックして変更を検証し、ダイアログボックスを閉じます。
    現在のMDMリポジトリーにあるすべてのワークフローを保存するフォルダーが指定のディレクトリーに作成されます。

次のタスク

1つまたは複数のワークフローをZIPファイルにエクスポートするには、次の手順に従います。

  1. [Select archive file] (アーカイブファイルの選択)オプションを選択し、オプションの横にある[...]ボタンをクリックします。
  2. ダイアログボックスが表示されます。ワークフローを保存する場所に移動し、[File name] (ファイル名)フィールドに名前を入力し、[Save] (保存)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  3. [Export Repository items] (リポジトリーアイテムのエクスポート)ダイアログボックスで[Finish] (終了)をクリックして変更を検証し、ダイアログボックスを閉じます。

    現在のMDMリポジトリーにあるすべてのワークフローを保存するアーカイブファイルが指定のディレクトリーに作成されます。

注: MDMリポジトリー内のすべてのワークフローから1つだけをエクスポートするには、[Export Repository items] (リポジトリーアイテムのエクスポート)ダイアログボックスで[Workflow] (ワークフロー)を展開し、エクスポートするワークフローの名前の横にあるチェックボックスをオンにして、通常の手順に従います。