タスクリストのフィルター処理 - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Talend Studio Profiling パースペクティブの[Tasks] (タスク)ビューでは、Talend Studioで作成したすべてのタスク、およびデータクオリティジョブの実行時に生成されたJavaタスクなど、自動生成されたタスクがリストされます。

タスクビューにリスト表示するタスクを決定するフィルターを作成できます。

始める前に

Talend Studio Profiling パースペクティブで、少なくとも1つのタスクが項目に追加されていること。

手順

  1. タスクリストを開きます。
    [Tasks] (タスク)ビューが表示されます。
  2. ビューの右上にあるドロップダウン矢印をクリックして、[Configure contents...] (コンテンツの設定...)を選択します。
    [Configure contents...] (コンテンツの設定...)ダイアログボックスが開き、デフォルトの設定が表示されます。
  3. [New] (新規)をクリックしてダイアログボックスを開き、新しいフィルターの名前を入力します。
  4. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    新しいフィルターが[Configurations] (設定)リストに表示されます。
  5. 新しいフィルターには次のように異なるオプションを設定します。
    1. [Scope] (スコープ)リストから、フィルタースコープオプションを選択し、[Select...] (選択...)をクリックしてダイアログボックスを開き、そこでフィルターを実行させるための設定を選択します。
    2. 完了したタスクを表示するか未完了のタスクを表示するか、あるいはその両方を表示するかを選択します。
    3. 優先度に応じて、あるいはそのタスクのテキストに応じて、表示するタスクを選択します。
    4. 最後に、リスト表示するタスクタイプのチェックボックスをオンにします。
  6. [OK]をクリックして、変更を確定してダイアログボックスを閉じます。
    タスクリストには、新しいフィルターオプションに確定されたタスクのみが表示されます。