プロンプトが表示された時のコミットされていない項目の処理(Gitのみ) - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

ローカルモードでGitプロジェクトの作業中に、プルまたはプッシュの操作を行うか、関連付けられたリモートブランチに切り替えると、次の場合にダイアログボックスが表示されます。

  • [Commit mode] (コミットモード)[Unlocked Items] (ロックされていない項目)に設定され、[Lock mode] (ロックモード)[Manual] (手動)に設定されている時に、プロジェクト項目に変更を行ったTalend Administration Center

  • Talend Studioでの[Commit mode] (コミットモード)[Lock mode] (ロックモード)の設定に関係なく、Talend Administration Centerのプロジェクトフォルダーにファイルを手動で追加した。

  • 何らかの理由で、ローカルGitリポジトリーにコミットされていない変更のある項目が見つかった。

以下のような処理が可能です。

  • [log] (ログ)を展開し、コミットされていないファイルを表示する。

  • [Commit] (コミット)をクリックし、ローカルGitリポジトリーにファイルをコミットして、現在の操作を続行する。

  • [Reset] (リセット)をクリックし、変更を中止し、現在の操作を続行する。

  • [Cancel] (キャンセル)をクリックし、コミットされていないファイルをコミットも削除もせずに、現在の操作をキャンセルする。