特定のコンポーネントの設定を変更する方法(Talend > コンポーネント) - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

デフォルトのマッピングリンク表示など、特定のコンポーネントの設定を変更できます。

次の手順は外部コンポーネントおよびStudioに含まれるコンポーネントに該当します。

特定のコンポーネント設定を変更するには、以下のようにします:

手順

  1. [Preferences] (環境設定)ダイアログボックスのツリービューで、[Talend]ノードを展開し、[Components] (コンポーネント)を選択します。
  2. 必要であれば環境設定を行います。
    • [Row limit] (行数制限)フィールドに、データビューアーで表示する行数を入力します。データビューアーの詳細は、処理中データを表示するを参照してください。
    • [Default mapping links display as] (デフォルトのマッピングリンク表示タイプ)リストから、tMapで使用するマッピングリンクのタイプを選択します。
    • tRunJobコンポーネントをダブルクリックした時に、該当するジョブが開かないようにするには、tRunJobの下のチェックボックスをオンにします。
      注: 上記のオプションを選択しても、該当するジョブは、tRunJobコンポーネントを右クリックして、[Open tRunJob Component] (tRunJobコンポーネントを開く)を選択することで開くことができます。
    • ジョブレットコンポーネントをダブルクリックした時に、該当するジョブが開かないようにするには、[Joblet] (ジョブレット)の下のチェックボックスをオンにします。
      注: 上記のオプションを選択しても、該当するジョブは、ジョブレットコンポーネントを右クリックして、[Open Joblet Component] (ジョブレットコンポーネントを開く)を選択することで開くことができます。
    • デザインワークスペースで名前を入力してコンポーネントを追加できるようにする場合、[Component Assist] (コンポーネントアシスト)の下で[Enable Component Creation Assistant] (コンポーネント作成アシスタントを有効にする)チェックボックスをオンにします。詳細は、ジョブへのコンポーネントの追加を参照してください。
    • [Enable online help for components] (コンポーネントのオンラインヘルプを有効化)チェックボックスをオンにすると、Talend Help Center (https://help.talend.com)で最新のコンテンツを確認できるオンラインヘルプが有効になります。このチェックボックスをオフにすると、組み込みのヘルプが有効になります。デフォルトではこのチェックボックスが選択されており、オンラインヘルプが有効になっています。
      注:

      組み込みのヘルプを有効にするには、使用している製品の追加パッケージをインストールしてTalend Studioを再起動する必要があります。ライセンスをアップグレードする場合はパッケージの再インストールが必要になります。

      パッケージのインストールには次の2つの方法があります。

      • [Enable online help for components] (コンポーネントのオンラインヘルプを有効化)チェックボックスをオフにした後に表示されるインストールの案内で、[OK]をクリックします。
      • [Help] (ヘルプ) > [Install Additional Packages...] (追加パッケージのインストール...)に移動し、[Talend Help] (Talendヘルプ)を選択します。
  3. [Apply] (適用)をクリックして、指定した環境設定を確定します。[Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックして、指定した環境設定を確定し、ダイアログボックスを閉じることもできます。

タスクの結果

この設定はワークスペースのメタデータに保存されます。Talend Studioのワークスペースが変更された場合は、この設定をもう一度行う必要があります。