データプロジェクトをTalend Exchangeからインポートする - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Talend ExchangeからローカルMDMリポジトリーにインポートすることで、Talend StudioからTalendコミュニティMDMプロジェクトを共有できます。

このタスクについて

1つまたは複数のMDMプロジェクトをTalend ExchangeからローカルMDMリポジトリーにインポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、ビュー内の任意のデータオブジェクトを右クリックし、コンテキストメニューから[Import Items] (アイテムのインポート)を選択します。
    [Import Repository items] (リポジトリーアイテムのインポート)ダイアログボックスが表示されます。
  2. [Select archive file] (アーカイブファイルの選択)オプションを選択し、[Import from Talend Exchange] (Talend Exchangeからインポート)をクリックします。
    ダイアログボックスが開き、Talend ExchangeにアップロードされたコミュニティMDMプロジェクトがすべてリスト表示されます。
  3. 現在のStudioにインポートするMDMプロジェクトをリストから選択し、[OK]をクリックします。
    選択したプロジェクトのすべてのMDMデータオブジェクトが[Import Repository items] (リポジトリーアイテムのインポート)ダイアログボックスに表示され、デフォルトで選択されています。
  4. [Finish] (終了)をクリックしてインポートオペレーションを確定し、ダイアログボックスを閉じます。
    選択したMDMプロジェクト内のすべてのデータオブジェクトがエクスポートされ、StudioのMDM Repositoryツリービュー内の対応するノードの下にリスト表示されます。