データコンテナー内のデータレコードをインポート - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Talend Studioでは、データレコードをZIPファイルのデータコンテナーにインポートできます。ZIPファイルは通常、Talend Studioの別バージョンで同じデータ構造を持つデータコンテナーからエクスポートされたデータレコードを保存する場所となります。

始める前に

Talend StudioからTalend MDM Serverに接続済みであること。同じデータ構造のデータコンテナーが作成されていること。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、[Data Container] (データコンテナー)を展開します。
  2. データレコードのインポート先とするデータコンテナーを右クリックし、コンテキストメニューで[Import content to MDM server] (MDMサーバーにコンテンツをインポート)を選択します。
    ダイアログボックスが表示されます。
  3. データレコードのインポート元となるZIPファイルを参照します。
  4. インポートするデータレコードの保存先となるサーバーを選択し、[OK]をクリックします。
  5. データレコードのインポート先とするエンティティを選択し、必要であれば外部キーの制約に違反しないよう、そのエンティティの処理順序を変更します。

    この例では、ProductエンティティにはProductFamilyStoreという2つのエンティティに対する外部キーリンクが存在します。また、このProductFamilyStoreというエンティティは優先的に処理される必要があります。

    警告: 処理されるエンティティに外部キーの制約があり、処理順序が正しくなければ、データレコードは正しくインポートされません。
  6. [OK]をクリックします。
    インポート操作の進行状況を示すバーが表示されます。