MDMパースペクティブにワークフローをインポート - 7.3

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Talend Studioでは、MDMサーバーまたはZIPファイルからワークフローをMDMパースペクティブにインポートできます。インポートされると、そのワークフローをベースにプロセスを自動的に生成できます。ワークフローをベースにプロセスを生成する方法は、ワークフロー実行プロセスの生成を参照してください。

始める前に

Talend StudioからMDMサーバーに接続済みであること。MDMパースペクティブからワークフローが1つ以上エクスポート済みであること。

このタスクについて

1つ以上のワークフローをMDMサーバーから現在のMDMリポジトリーにインポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、[Workflow] (ワークフロー)ノードを右クリックして、コンテキストメニューから[Import Server Objects from MDM Server] (サーバーオブジェクトをMDMサーバーからインポート)を選択します。
  2. [Select Server] (サーバーの選択)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックします。サーバーオブジェクトのインポート元とするサーバーロケーションの選択を求めるダイアログボックスが表示されます。
  3. 目的のサーバーを選択し、[OK]をクリックします。
  4. [Deselect all] (すべて選択解除)を選択します。次に、[Workflow] (ワークフロー)ノードを展開し、インポートする1つ以上のワークフローを選択します。
  5. [Finish] (終了)をクリックして変更を確定します。

次のタスク

インポートされたワークフローは、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューの[Workflow] (ワークフロー)ノードの下に表示されます。

1つ以上のワークフローをZIPファイルから現在のMDMリポジトリーにインポートするには、次の手順に従います。

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、[Workflow] (ワークフロー)ノードを右クリックして、コンテキストメニューから[Import Items] (アイテムのインポート)を選択します。

    [Import Repository Items] (リポジトリーアイテムのインポート)ダイアログボックスが表示されます。

  2. インポートするワークフローをフォルダーまたはアーカイブファイルのどちらに保存するかに応じて、ルートディレクトリーかアーカイブファイルを選択し、オプションの横にある[...]ボタンをクリックします。

    ダイアログボックスが表示されます。

  3. データモデルが含まれているフォルダーまたはアーカイブに移動し、[OK]または[Open] (開く)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

  4. [Import Repository Items] (リポジトリーアイテムのインポート)ダイアログボックスで[Finish] (終了)をクリックして変更を検証し、ダイアログボックスを閉じます。

    インポートされたワークフローは、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューの[Workflow] (ワークフロー)ノードの下に表示されます。